慶応BH2020年要節の御言葉 ことばは人の光

慶応BH 2020年要節の御言葉
ことばは人の光
ヨハネの福音書1:1-14
要節1:1 初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。

1.最初に、何がありましたか(1)
「ことば」は、誰とともにありましたか。この方とは誰を指しますか(2)
「ことば」と、神様とはどのような関係でしょうか(2)
「ことば」とは、どういうものだと思いますか。
この御言葉で学ぶ神様の考え、その心、その能力など、神様がどんな方であるか、みんなで話し合ってみましょう。

2.「ことば」とこの世の万物はどのような関係でしょうか(3)万物とは何でしょうか(コロサイ1:16)
3節の御言葉からみて、人はどんな存在ですか。その可能性と限界について、話してみましょう。

3.この方=「ことば」には何がありますか。このいのちは人の何となるでしょうか。(4)
人にはなぜ光が必要でしょうか。人がやみの中にいるとどうなるでしょうか(4b,9-11)

4.光がやみの中に輝くとき、やみはどうなるでしょうか(5)
光である「ことば」が人のやみの中に輝くとき、人はどうなるでしょうか(5,12-14)

2020年東海UBF年要節の御言葉 わたしを呼べ

2020年 東海UBF 年要節の御言葉
わたしを呼べ
御言葉:エレミヤ書33:1-11 要節:エレミヤ書33:3 わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。

1.エレミヤがどんな状態の時期に神様のみ言葉が臨まれましたか(1)。神様はどのように表現されましたか(2)

2.神様を呼ぶときどのようにしてくださると約束しますか(3)

3.エルサレムとユダに対する神様のみ言葉は何ですか(4,5)ユダがどのようにするべきだったでしょうか(参照エレミヤ27:8,11,12)神様はユダのどのように立てなおしますか(6-8)

4.神様が立て直すとどのようになりますか(9)。ユダとエルサレムはどのようにへんかしますか(10,11)

2020年新年特集第2講 信仰がますます強くなって

2020年新年特集第2講

信仰がますます強くなって

御言葉:ローマ人への手紙4:1−25
要 節:ローマ人への手紙4:20「彼は、不信仰によって神の約束を疑うようなことをせず、反対に、信仰がますます強くなって、神に栄光を帰し、」

1. アブラハムは、何によって、義と見なされましたか(1-3)。神様はどのような人の信仰を義と認められるのでしょうか(4、5)。ダビデは、どんな人が「幸いだ」と言っていますか(6-8、詩篇32:1,2)。
2. この「幸い」は、どのような人に与えられるのでしょうか(9a)。アブラハムが義と認められたのは、いつでしょうか(9b、10)。アブラハムが、義と認められるすべての父となった理由は、何でしょうか(11,12)。
3. アブラハムとその子孫に与えられる約束は、何によるものでしょうか(13)。信仰によって、世界の相続人になることは、どれだけ大切なことなのでしょうか(14-16)。
4. アブラハムは、どんな神様を信じましたか(17)。アブラハムはどのようにしてあらゆる国の人々の父となりましたか(18)。どのような信仰がアブラハムの義とみなされたのですか(19-22)。ここで、試練に直面しても信仰がますます強くなって、神様に栄光を帰したアブラハムの信仰について話してみましょう。
5.「彼の義がみなされた」と書いてあるのは、誰のためでしょうか(23、24a)。私たちは、どんな神様を信じているのでしょうか(24b)。イエス様は何のために死なれ、また、よみがえられたのでしょうか(25)。

2019年年越し御言葉 イエスから目を離さないでいなさい

2019年年越し御言葉

イエスから目を離さないでいなさい

御言葉;へブル人への手紙12:1-13
要節;へブル人への手紙12:2

1.著者が私たちに多くの証人たちがいることを言っている理由は何ですか(1)。競争する人の姿勢はどうあるべきですか。

2.信仰の競争する私たちが目を離してはいけない対象は何ですか(2)。イエス様はどのように競争し、その結果はどうでしたか(2)。元気を失うことなく、疲れ果てなく私たちが信仰の競争するためにはどうすれば良いでしょうか(3)。

3.彼らはどのくらい罪を戦いましたか(4)。またどんな勧めを忘れていましたか(5)。彼らが苦難に対してどのような姿勢を持つべきでしょうか(7)。

4.懲らしめを受けていない人々はどんな人々ですか(8)。懲らしめを受ける時、私たちはすべての霊の父にどんな姿勢であるべきでしょうか(9,10)。

5.懲らしめはそのときはどのように思われるのですか(11)。しかしその結果はどうですか(11)。それで私たちはどんな姿勢で懲らしめを受けるべきでしょうか(5,7,9,12,13)。

2019年聖誕 第3講 あなたがたのために、救い主がお生まれになりました

2019年聖誕 第3講
あなたがたのために、救い主がお生まれになりました
御言葉:ルカの福音書2:1-20
要 節:ルカの福音書2:11きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。

1.当時の統治者は誰でしたか(1)彼はどんな勅令を出しましたか(1)
これらのことは、その時代について、どういうことを言っていますか(1-3)
ヨセフは、登録のために、どこに向かいましたか(4)
そのとき、ヨセフといいなずけの妻マリヤはどういう状況にありましたか(5)
彼らがベツレヘムに向かったことにはどんな意味があるのでしょうか(ミカ5:2)。

2.なぜ、マリヤは生まれた男子の初子を飼葉おけに寝かせましたか(6,7)
彼らのいる場所がなく飼い葉おけに寝かせられた男の子についての知らせを主の御使いは、誰のところに来て言ったのでしょうか(8,9)
主の御使いはどんな知らせを伝えましたか(10)
それはなぜ民全体のためのすばらしい喜びの知らせになるでしょうか(11)

3.救い主のしるしとは何でしょうか(12)
救い主が飼い葉おけに寝ておられるのが、なぜ、私たちのためのしるしになるでしょうか(13)
すると、たちまち、多くの天の軍勢が神を賛美した内容は何でしょうか(13,14)
救い主がお生まれたことが、なぜ神に栄光あり、御心にかなう人々には平和となるのか考えてみましょう。

4. 御使いたちが彼らを離れて天に帰ったとき、羊飼いたちはどうしましたか(15-17)
羊飼いの話したことを聞いた人々とマリヤはそれぞれどんな反応をしましたか(18-19)
救い主について聞いて、見た羊飼いたちの喜びはどうでしたか(20)