2020マタイの福音書第13講 風と湖を叱りつけられたイエス様

2020マタイの福音書第13講
風と湖を叱りつけられたイエス様
御言葉/マタイの福音書8:18-34
要 節/マタイの福音書8:26
8:26 イエスは言われた。「どうして怖がるのか、信仰の薄い者たち。」それから起き上がり、風と湖を叱りつけられた。すると、すっかり凪になった。

1. ひとりの律法学者が来て何と言いましたか。その律法学者はなぜついて行こうとしたでしょうか(19)
イエス様は何と言われましたか(20)
なぜ、このように言われたでしょうか。

2. 別のひとりの弟子はイエス様に何のお願いをしましたか(21)
ところが、イエス様は彼に何と言われましたか(22)
このイエス様の御言葉から私たちが学ぶべき教えは何でしょうか。

3. イエス様に従った弟子たちは、どんな危険にさらされましたか(23, 24a)。
そのとき、イエス様はどうされましたか(24b)
その中、弟子たちはどんな反応をしましたか(25)
すると、イエス様は弟子たちに何と言われましたか(26)
このイエス様はどんな方でしょうか(27)

4. イエス様がお着きになったガダラ人の地はどんなどころでしょうか。誰が墓から出てきましたか(28)。
彼らはイエス様に何と叫びましたか(29-31)
イエス様は彼らに何と言われましたか。すると、どんな事が起きましたか(32)
すると、人々は、イエス様に何を懇願しましたか(33,34)。
以上から、風と湖、悪霊を静められるイエス様の権威について話してみましょう。

2020年マタイの福音書第12講 私たちのわずらいを担い、病を負ったイエス様

2020年マタイの福音書第12講(新聖歌453番)

私たちのわずらいを担い、病を負ったイエス様

御言葉:マタイ8:1-17
要 節:マタイ8:17

1.ツァラアトに冒された人がイエス様のみもとに来て、何を求めましたか(1,2)。イエス様は彼をどのように助けてくださいましたか(3,4)。ツァラアトに冒された人に対するイエス様の愛と癒しの力について話してみましょう

2.一人の百人隊長がイエス様に何を懇願しましたか(5,6)。彼のしもべに対する愛は、どのようなものですか。イエス様はどのようにして彼を助けようとされましたか(7)。

3.百人隊長は、なぜ「イエス様を自分の屋根の下にお入れする資格がない」と言ったのでしょうか(8,9)。イエス様は彼の信仰をどれほど称賛されましたか(10)。百人隊長の信仰はどんな点でイエス様を驚かせたでしょうか

4.イエス様はどんな人々が天の御国の食卓に着くと言われましたか(11,12)。イエス様は百人隊長の信仰をどのように祝福してくださいましたか(13)。

5.イエス様はペテロの姑の熱病をどのようにして癒されましたか(14,15)。イエス様は悪霊につかれた人と病気の人々をどのようにしてくださいましたか(16)。それはどの御言葉が成就するためですか(17,イザヤ53:4)。私たちのわずらいを担い、私たちの病を負ったイエス様について話してみましょう。

2020年マタイの福音書第11講 狭い門から入りなさい

2020年マタイの福音書第11講
御言葉;マタイの福音書7:13-29
要節;マタイの福音書7:13,14

狭い門から入りなさい

1.イエス様は弟子たちに狭い門に入りなさいと言われたのはなぜですか(13,14)。「狭い門に入る」というのは何の意味ですか。いのちに至る門を乱す者がわずかなのはなぜですか。

2.イエス様は誰を用心するように言われましたか(15a)。偽善者たちの外側と内側とはどのくらい違いますか(15b)。どうのように偽善者たちを見分けることができますか(16,20)。

3.木と実のどんな関係でしょうか(17,18)。良い実を結ぶことができない木はどのようになりますか(19)。良い実と悪い実とはそれぞれ何を指しているでしょうか。

4. どんな者が御国に入るのですか(21)。多くの者が主の名によって預言し、悪霊を追い出し、多くの奇跡を行ったとしても、御国に入ることができなのはなぜですか(22,23)。

5.イエス様のことばを聞いて、それを行う者と、行わない者とはそれぞれどんな人に例えることができますか(24-27)。賢い人が岩の上に自分の家を建てるのはなぜですか。イエス様のことばを聞いて行うことの重要性について話してみてください。群衆はイエス様の教えになぜ驚きましたか(28,29)。

2020年マタイ第10講 人からしてもらいたいように、人にしなさい

2020年マタイ第10講
人からしてもらいたいように、人にしなさい
御言葉 マタイの福音書7:1-12
要節 7:12ですから、人からしてもらいたいことは何でも、あなたがたも同じように人にしなさい。これが律法と預言者です。

1.兄弟をなぜ、さばいてはいけないでしょうか(1-2)
さばく人の気がづかないことは何でしょうか(3,4)
兄弟をさばく前に、まず何をしなければなりませんか(5)

2.人をさばいてはいけませんが、何を見分けなければなりませんか(6)
「聖なるもの、真珠」「犬、豚」はそれぞれ何を意味しますか。
これらを見分ける力がなぜ必要でしょうか。

3.必要なものを、なぜ、どのように求めるべきでしょうか(7)求める者にはどんな約束がありますか(8)
天におられる父はどんなお方ですか(9-11)。父なる神様が与えてくださる「良いもの」とは何でしょうか。

4.人にどのようにすべきでしょうか(12)
人からしてもらいたいことは何でも同じように人にすることはどんな点で「律法と預言者」でしょうか。(参照:ガラテヤ5:14)
「人にすること」とは具体的にどのようにすることでしょうか(参照:マタイ22:39)

 

2020年マタイの福音書第9講 まず神の国と神の義を求めなさい。

2020年マタイの福音書第9講

まず神の国と神の義を求めなさい。

御言葉/マタイの福音書6:19-34
要 節/マタイの福音書6:33「まず神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはすべて、それに加えて与えられます。」

1. なぜ、自分のために、地上に宝を蓄えるのをやめるべきですか(19)。私たちはどこに宝を蓄えるべきですか(20)。宝と私たちの心の間にはどんな関係がありますか(21)。

2. からだの明かりは目ですが、もし目が悪くなると、私たちの全身はどのようになりますか(22,23)。私たちは神と富のどちらに仕えるべきでしょうか(24)。

3. 何を心配してはいけませんか(25a)。食べ物と着る物よりもっと大事なことは何ですか(25b)。イエス様は私たちが心配しないように何を取りあげて説明されますか(26-30a)。結局、心配はどこから来るのでしょうか(30b)。

4. だれが食べ物、飲み物、着る物を切に求めていますか(31,32a)。私たちの必要性をすべて知っておられる神様を信じるなら、まず何を求めるべきですか(32b,33a)。そうすると、何が与えられますか(33b)。結局、私たちは心配せず、どのような心構えで毎日を過ごすべきでしょうか(34)。