「聖書勉強問題集」カテゴリーアーカイブ

2020年コリント人への手紙第一 第14講 その中で一番すぐれているのは愛です

2020年コリント人への手紙第一 第14講

その中で一番すぐれているのは愛です

御言葉:コリント人への手紙第一13:1-13
要 節:コリント人への手紙第一13:13
13:13 こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。

1.私たちが人の異言や、御使いの異言で話しても、愛がないなら、何と同じですか(1)。「やかましいどらや、シンバルと同じ」であることは、どういう意味でしょうか。

2.私たちが「預言の賜物を持っており、また山を動かすほどの完全な信仰を持っていても」、愛がないなら、どうなりますか(2)。私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がないならどうなりますか(3)。「何の値打ちもありません」「何の役にも立ちません」とは、何を意味しますか。

3.愛の特性は何ですか(4)。その愛の出発点は何ですか。「慣用」、「親切」、「人をねたみません」、「自慢せず」、「高慢になりません」ということについて、話して見ましょう。

4.愛の、もう一つの特性について、話してみましょう(5,6)。愛にはどんな力がありますか(7)。

5.愛はいつまで存在しますか(8a)。預言、異言、知識はなぜ絶対視することができないのですか(8b,9)。いつ、これらは廃れますか(10)。「完全なもの」が現れる時は、いつでしょうか。

6.子どもであった時と大人になった時は、どのような違いがあるのですか(11)。今、私たちは、イエス様をどれだけ知っていますか(12)。しかし、その時には、どれだけ完全に知ることになるのですか。

7.クリスチャンのうちにいつまでも残るものは何ですか(13)。その中で、一番すぐれているのは何ですか。なぜ、一番すぐれているのは愛なのでしょうか。

2020年コリント第一13講 あなたがたはキリストのからだであり、各器官です。

2020年コリント第一13講
あなたがたはキリストのからだであり、各器官です。
御言葉:Ⅰコリント12:1-31
要節 : 12:27あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。

1.当時のコリント教会には、またどんな問題がありましたか(1、20-22)
御霊によって語る者は、何を言うでしょうか(3)
御霊の賜物の特徴は何でしょうか(4-6)
いろいろな種類の御霊の賜物が持つ、一つの同じ目的は何でしょうか(7)
御霊の賜物のいろいろな種類にはどんなものがありますか(8-10)
使徒パウロは、いろいろな種類の賜物を与える御霊について、何を強調して言っていますか(4,11)

2.使徒パウロは、御霊の賜物のことが、ちょうど、何と同様であると言っていますか(12)
その理由は何でしょうか(13)
からだのそれぞれの器官のたとえを通して、使徒パウロは何を伝えていますか(14-17,18)

3.ところが、どんな問題が起きていますか(19-24a)
しかし、神様はどんな器官を尊ばれますか(24b)
それはなぜでしょうか。その目的はなんでしょうか。(25、26)

4.私たちひとりひとりはどんな存在ですか(27)
神は教会の中で人々をそれぞれ、どのように任命されましたか(28-30)
御霊のいろいろな賜物がそれぞれに与えられ、キリストのからだの各器官であり、また任命された私たちは、何を熱心に求めるべきですか(31)

2020年コリント第12講  自分を吟味して、そのうえでパンを食べ、杯を飲みなさい。

2020年コリント第12講                 

自分を吟味して、そのうえでパンを食べ、杯を飲みなさい。

御言葉 :Ⅰコリント11: 2 ~ 34
要 節 : Ⅰコリント11: 28

1.パウロは、コリント教会の聖徒たちのどんな点をほめていますか(2)。パウロがコリント教会の聖徒たちに知ってもらいたいことは何ですか(3)。
2.コリント教会で、男と女が祈りや預言をするとき、頭にかぶり物を着けることについて、どのように違っていましたか(4~6)。コリント教会で、男の頭にかぶり物を着けない理由は何であり、女の頭にかぶり物を着ける理由は何ですか(7~10)。
3.主にあっては、男と女はどんな関係にありますか(11、12)。男と女の長い髪について、本
文では何を教えていますか(13~15)。パウロは、このことについて異議を唱えようとする
人々に、どのように言っていますか(16)。
4.パウロが、コリント教会の聖徒たちに聞いていただきたかったことは何ですか(17~19)。
コリント教会では、いっしょに集まって食事をする時、どんな問題がありましたか(20~22)。
5.パウロがコリント教会に伝えたのは、誰から受けたものですか(23)。それは、具体的にど
のようなことですか(23b、24、25)。私たちは、主から与えられるパンを食べ、杯を飲むたびに何を覚えなければなりませんか(26)。
6.主のパンを食べ、主の杯を飲む者は、何に気をつけなければなりませんか(27、29)。聖餐
に参加する者が、先ずやるべきことは何ですか(28)。みからだをわきまえないで、聖餐に参加する場合、どんな出来事が起こりえますか(29~32)。ですから、聖餐に臨む者はどのようにしなければなりませんか(33、34)。

2020年コリント人への手紙第一、第11講 神の栄光を現わすために

2020年コリント人への手紙第一、第11講

神の栄光を現わすために

御言葉/Ⅰコリント10:1-11:1
要 節/Ⅰコリント10:31
「こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現わすためにしなさい。」

1.そこで、パウロは兄弟たちに、何を「知ってもらいたい」と言っていますか(1-4)。神様の奇しきわざを数多く体験したのにもかかわらず、なぜイスラエルの先祖の大部分は、荒野で滅ぼされたのでしょうか(5,ユダ1:5)。キリストはどういう点で「その岩」となるのでしょうか(4,参考:詩18:2,95:2)。

2.パウロは、これらのことが起こったのは、何のためであると言いましたか(6)。彼らが滅ぼされた理由は何でしょうか(7-10)。また、それが書かれたのは、何のためですか(11)。

3.ですから、立っていると思う者は、何に注意する必要がありますか(12)。「試練」に対して、私たちはどのように思うべきでしょうか(13)。試練とともに脱出の道も備えてくださる神様について、話して見ましょう。

4.パウロは愛する兄弟たちに何を強く勧告していますか(14)。そして、彼らに何を求めていますか(15)。パウロは彼らに、何について語っていますか(16-18)。キリスト者が聖餐において杯を取って飲み、パンを裂いて食べることは、何を意味するのでしょうか。

5.パウロは彼らに何を言おうとしているのですか(19,20,申32:17)。たとえ偶像の神は存在しなくても、その宮で偶像にささげる物を食べることは、何が問題なのでしょうか(20b)。なぜ、私たちが主の杯と食卓にあずかったうえ、さらに悪霊の杯と食卓にあずかることはできないことでしょうか(21,22)。

6.すべてのことは、してもよいのですが、なぜ、そのすべてのことが有益とはかぎらないのでしょうか(23,24)。また、市場で売っている肉と、信仰のない者に招待されご馳走になる時は、どうしたら良いのでしょうか(25-27)。しかし、食べてはいけない時もあります。それは何のためですか(28,29a)。

7. 私たちクリスチャンは、何のために生きるべきでしょうか(29b-31)。神の栄光を現わすことは、具体的にどうすることなのでしょうか(32,33)。「・・・私に見習ってください」と言うパウロを通して、私たちは何を学ぶことができますか(11:1,参考;ピリ3:17,18)。なぜ、私たちはキリストを見習うべきなのかについて、話して見ましょう(ピリ2:7)。

2020年Ⅰコリント第10講 すべての人の奴隷となりました。

2020年Ⅰコリント第10講
すべての人の奴隷となりました。
御言葉 :Ⅰコリント9:1-27
要 節 : Ⅰコリント9:19
私はだれに対しても自由ですが、より多くの人を獲得するために、すべての人の奴隷となりました。

1.パウロはなぜ、自分が「自由のある者、使徒である」と主張していますか(1-3)。
パウロは自分にはどのような権利と言っていますか(4-7)。
特に福音を伝える者としての権利について、どのように言っていますか(8-14)。

2.なぜ、パウロは権利を用いず、福音を宣べ伝えたのでしょうか(15、16)。
パウロにはどんな報いがありますか(17、18)。

3. なぜ、パウロはすべての人の奴隷となりましたか(19-22)。
福音の恵みをともに受けるために、パウロは何をしましたか(23)。

4. 競技場で走る人たちのように、私たちは何を目指すべきですか(24)。
闘技をする者は、なぜ、あらゆることについて自制しますか(25)。
なぜ、パウロは自分のからだを打ちたたいて従わせますか(26、27)。