「JBF聖書研究」カテゴリーアーカイブ

JBF 聖書勉強 第12講 私たちに必要なものを満たしてくださるイエス様

JBF 聖書勉強 第12講 私たちに必要なものを満たしてくださるイエス様

御言葉 ルカ福音書 12:22-34                 要 節 ルカ福音書 12:22
12:22 それから弟子たちに言われた。「だから、わたしはあなたがたに言います。いのちのことで何を食べようかと心配したり、からだのことで何を着ようかと心配したりするのはやめなさい。

1.イエス様は弟子たちに、いのちのことで何を言われましたか。(22)弟子たちや私たちはなぜ、それらのことについて心配しているでしょうか。今まで生活をする中で、どのような心配をしたことがありますか。また、生活のことで心配したことはありますか。周りの信仰の知り合いや親がいのちのことで、どのような心配をしていましたか。いのちのことで何を食べようかと心配したり、からだのことで何を着ようかと心配したりするのはやめなさい。

12:22 それから弟子たちに言われた。「だから、わたしはあなたがたに言います。いのちのことで何を食べようかと心配したり、からだのことで何を着ようかと心配したりするのはやめなさい。

2.弟子たちや私たちは、なぜ心配する必要がないでしょうか。(23-28)聖書は心配しないで、どのような信仰をもっていなさいと言っていますか。(29-30)
神様が自分と家族の必要なものを満たしてくれるという信仰の経験・記憶はありますか。

12:23 いのちは食べ物よりたいせつであり、からだは着物よりたいせつだからです。
12:24 烏のことを考えてみなさい。蒔きもせず、刈り入れもせず、納屋も倉もありません。けれども、神が彼らを養っていてくださいます。あなたがたは、鳥よりも、はるかにすぐれたものです。
12:25 あなたがたのうちのだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。
12:26 こんな小さなことさえできないで、なぜほかのことまで心配するのですか。
12:27 ゆりの花のことを考えてみなさい。どうして育つのか。紡ぎもせず、織りもしないのです。しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。
12:28 しかし、きょうは野にあって、あすは炉に投げ込まれる草をさえ、神はこのように装ってくださるのです。ましてあなたがたには、どんなによくしてくださることでしょう。ああ、信仰の薄い人たち。
12:29 何を食べたらよいか、何を飲んだらよいか、と捜し求めることをやめ、気をもむことをやめなさい。
12:30 これらはみな、この世の異邦人たちが切に求めているものです。しかし、あなたがたの父は、それがあなたがたにも必要であることを知っておられます。
3.弟子たちや私たちが心配や恐れる代わりに、何を持つべきでしょうか。(31,32)神様の国を求める人は持ち物を具体的にどういうところに使うべきでしょうか。(33,34)

12:31 何はともあれ、あなたがたは、神の国を求めなさい。そうすれば、これらの物は、それに加えて与えられます。
12:32 小さな群れよ。恐れることはない。あなたがたの父は、喜んであなたがたに御国をお与えになるからです。
12:33 持ち物を売って、施しをしなさい。自分のために、古くならない財布を作り、朽ちることのない宝を天に積み上げなさい。そこには、盗人も近寄らず、しみもいためることがありません。
12:34 あなたがたの宝のあるところに、あなたがたの心もあるからです。

JBF 聖書勉強 第 11講  あなたの手を伸ばしなさい

JBF 聖書勉強 第 11講  あなたの手を伸ばしなさい
(所感を書くことで得られるもの)
御言葉 ルカ福音書 6:6〜11          要 節 ルカ福音書 6:10
10 そして、みなの者を見回してから、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。そのとおりにすると、彼の手は元どおりになった。

1.イエス様が会堂に入って教えておっれたとき、そこに、どういう人がいましたか。(6)彼は日常生活にどれほど不自由だったでしょうか。また、その人の心はどうだったでしょうか。周りの人々には、彼はどう見られたでしょうか。

6 別の安息日に、イエスは会堂に入って教えておられた。そこに、右手のなえた人がいた。

2.律法学者とパリサイ人たちは、イエス様が安息日に人を直すことをじっと見ていた理由は何でしょうか。(7)
イエス様は彼らがご自分を訴える口実を見つけるために見ていることを知っていながら、手のなえた人をどのように直してくださいましたか。(8〜10)

7 そこで律法学者、パリサイ人たちは、イエスが安息日に人を直すかどうか、じっと見ていた。彼を訴える口実を見つけるためであった。
8 イエスは彼らの考えをよく知っておられた。それで、手のなえた人に、「立って、真ん中に出なさい」と言われた。その人は、起き上がって、そこに立った。
9 イエスは人々に言われた。「あなたがたに聞きますが、安息日にしてよいのは、善を行うことなのか、それとも悪を行うことなのか。いのちを救うことなのか、それとも失うことなのか、どうですか。」
10 そして、みなの者を見回してから、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。そのとおりにすると、彼の手は元どおりになった。
11 すると彼らはすっかり分別を失ってしまって、イエスをどうしてやろうかと話し合った。

JBF聖書勉強 基礎 第10講  御言葉と祈り  (祈る生活をしましょう。)

JBF聖書勉強 基礎 第10講  御言葉と祈り  (祈る生活をしましょう。)
御言葉:ルカ福音書11:1-13                 要節: 11:2 そこでイエスは、彼らに言われた。
「祈るときには、こう言いなさい。 / 『父よ。御名があがめられますように。 / 御国が来ますように。

1.イエス様が教えてくださった祈りを通して、私たちにとって、神様はどんな方でしょうか。(2)今、自分にとって一番の祈りの項目は何でしょうか。しかし、イエス様は私たちに何を第一に祈るべきであると言われますか。(2)
11:1 さて、イエスはある所で祈っておられた。その祈りが終わると、弟子のひとりが、イエスに言った。「主よ。ヨハネが弟子たちに教えたように、私たちにも祈りを教えてください。」
11:2 そこでイエスは、彼らに言われた。「祈るときには、こう言いなさい。 / 『父よ。御名があがめられますように。 / 御国が来ますように。

2.私たちの日ごとの糧を、毎日与えてくださる方は誰でしょうか。(3)私たちが罪を犯したときや試みに会う時に、どのような祈りをすべきでしょうか。(4)
11:3 私たちの日ごとの糧を毎日お与えください。
11:4 私たちの罪をお赦しください。私たちも私たちに負いめのある者をみな赦します。 / 私たちを試みに会わせないでください。』」

3.私たちは求め、捜し、たたくべきでしょうか。(5-10)神様が私たちに良いものを与えてくださるということを信じること、確信することができるその理由とは何でしょうか。(11-13)今の自分の祈り生活と今日まなんだ祈り生活で足りないところはありますか。あるとしたらどんなところでしょうか。
11:5 また、イエスはこう言われた。「あなたがたのうち、だれかに友だちがいるとして、真夜中にその人のところに行き、『君。パンを三つ貸してくれ。
11:6 友人が旅の途中、私のうちへ来たのだが、出してやるものがないのだ』と言ったとします。
11:7 すると、彼は家の中からこう答えます。『めんどうをかけないでくれ。もう戸締まりもしてしまったし、子どもたちも私も寝ている。起きて、何かをやることはできない。』
11:8 あなたがたに言いますが、彼は友だちだからということで起きて何かを与えることはしないにしても、あくまで頼み続けるなら、そのためには起き上がって、必要な物を与えるでしょう。
11:9 わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。
11:10 だれであっても、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。
11:11 あなたがたの中で、子どもが魚を下さいと言うときに、魚の代わりに蛇を与えるような父親が、いったいいるでしょうか。
11:12 卵を下さいと言うのに、だれが、さそりを与えるでしょう。
11:13 してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。」

JBF聖書勉強 基礎 第9講 御言葉と心と生活

JBF聖書勉強 基礎 第9講     御言葉と心と生活
(私たちはどうやって御言葉の実を生活の中で結ぶことができるのか。)
御言葉:ルカ福音書8:4-15          要節: 8:15 しかし、良い地に落ちるとは、こういう人たちのことです。正しい、良い心でみことばを聞くと、それをしっかりと守り、よく耐えて、実を結ばせるのです。」

1.イエス様は種を蒔く人のたとえを話されました。道ばたに落ちた種、岩の上に落ちた種、いばらの真ん中に落ちた種、良い地に落ちた種はそれぞれどうなりましたか。(4-8)種が実を結ぶためには、まず何が必要ですか。
8:4 さて、大ぜいの人の群れが集まり、また方々の町からも人々がみもとにやって来たので、イエスはたとえを用いて話された。
8:5 「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると、人に踏みつけられ、空の鳥がそれを食べてしまった。
8:6 また、別の種は岩の上に落ち、生え出たが、水分がなかったので、枯れてしまった。
8:7 また、別の種はいばらの真ん中に落ちた。ところが、いばらもいっしょに生え出て、それを押しふさいでしまった。
8:8 また、別の種は良い地に落ち、生え出て、百倍の実を結んだ。」 / イエスは、これらのことを話しながら「聞く耳のある者は聞きなさい」と叫ばれた。

2.御言葉に対して、道ばたのような心で接する人はどうなりますか(12)。岩のような心で御言葉を接する人は試練のときにどうなりますか(13)。
8:9 さて、弟子たちは、このたとえがどんな意味かをイエスに尋ねた。
8:10 そこでイエスは言われた。「あなたがたに、神の国の奥義を知ることが許されているが、ほかの者には、たとえで話します。彼らが見ていても見えず、聞いていても悟らないためです。
8:11 このたとえの意味はこうです。種は神のことばです。
8:12 道ばたに落ちるとは、こういう人たちのことです。みことばを聞いたが、あとから悪魔が来て、彼らが信じて救われることのないように、その人たちの心から、みことばを持ち去ってしまうのです。
8:13 岩の上に落ちるとは、こういう人たちのことです。聞いたときには喜んでみことばを受け入れるが、根がないので、しばらくは信じていても、試練のときになると、身を引いてしまうのです。

3.いばらとはどういう心の状態のことでしょうか。いばらの心の中にある御言葉はどうなりますか(14)心のいばらにはどういうものがありますか。そして、自分の中にあるいばらはあるでしょうか。あるとしたら、なんでしょうか。
8:14 いばらの中に落ちるとは、こういう人たちのことです。みことばを聞きはしたが、とかくしているうちに、この世の心づかいや、富や、快楽によってふさがれて、実が熟するまでにならないのです。

4.良い地とはどういう心を言いますか。その良い地を持っている人はどうなりますか。(8,15)
8:15 しかし、良い地に落ちるとは、こういう人たちのことです。正しい、良い心でみことばを聞くと、それをしっかりと守り、よく耐えて、実を結ばせるのです。8:8 また、別の種は良い地に落ち、生え出て、百倍の実を結んだ。」 / イエスは、これらのことを話しながら「聞く耳のある者は聞きなさい」と叫ばれた。

JBF聖書勉強 基礎 第8講 聖書が教えている御霊について

JBF聖書勉強 基礎 第8講   聖書が教えている御霊について

御言葉:使徒の働き1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」

1.よみがえられたイエス様が天に上られた後、私たちに来られた助け主(Helper)の神様はだれでしょうか。
(ヨハネ16:7)  聖霊が働かれる姿はまるで何に似ていますか。(ヨハネ3:8)

ヨハネ16:7 しかし、わたしは真実を言います。わたしが去って行くことは、あなたがたにとって益なのです。それは、もしわたしが去って行かなければ、助け主があなたがたのところに来ないからです。しかし、もし行けば、わたしは助け主をあなたがたのところに遣わします。
ヨハネ3:8 風はその思いのままに吹き、あなたはその音を聞くが、それがどこから来てどこへ行くかを知らない。御霊によって生まれる者もみな、そのとおりです。」

2.私たちが真理を知らないとき、聖霊はどのように助けてくださいますか。(ヨハネ14:26、16:8)
 私たちがどのように祈るべきかわからないとき、聖霊はどのように助けてくださいますか。(ローマ8:26)
 私たちが福音を伝えようとするとき、心にさまざまな恐れが生じます。その時、聖霊はどのように助けてくださいますか。(使徒の働き1:8)

ヨハネ14:26 しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、また、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。
ヨハネ16:8 その方が来ると、罪について、義について、さばきについて、世にその誤りを認めさせます。
ローマ8:26 御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。
使徒の働き1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」

3.神様の子供たちはだれの導きを受けるべきでしょうか。(ローマ8:14)
 聖霊の導きを受けるために、私たちが近くに置くべきことは何でしょうか。(2テモテ3:16)
 聖霊の導きに従って、生活するとき、私たちはどんな実を結ぶことができますか。(カラテヤ5:22,23)

ローマ8:14 神の御霊に導かれる人は、だれでも神の子どもです。
2テモテ3:16 聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。
カラテヤ5:22 しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、
5:23 柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。