2016年祈りシリーズ

2016年祈りシリーズ第1講 信仰による祈り

投稿者: Tokai 掲載日: 2016-3-5 (175 回閲覧)
2016年祈りシリーズ第1講
信仰による祈り
御言葉:ヤコブ書5:13-20
要節:ヤコブ書5:5

1.私たちはこの世で苦しんでいるとき、どうすべきでしょうか。(13-16)
5:13 あなたがたのうちに苦しんでいる人がいますか。その人は祈りなさい。喜んでいる人がいますか。その人は賛美しなさい。
5:14 あなたがたのうちに病気の人がいますか。その人は教会の長老たちを招き、主の御名によって、オリーブ油を塗って祈ってもらいなさい。
5:15 信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます。また、もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。
5:16 ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。

2.エリヤが祈ると、どんな驚くべきことが起きましたか。(17,18)
5:17 エリヤは、私たちと同じような人でしたが、雨が降らないように熱心に祈ると、三年六か月の間、地に雨が降りませんでした。
5:18 そして、再び祈ると、天は雨を降らせ、地はその実を実らせました。

3.真理から迷い出た者がいて、だれかがその人を連れ戻すことはどれほど尊いことでしょうか。(19,20)
5:19 私の兄弟たち。あなたがたのうちに、真理から迷い出た者がいて、だれかがその人を連れ戻すようなことがあれば、
5:20 罪人を迷いの道から引き戻す者は、罪人のたましいを死から救い出し、また、多くの罪をおおうのだということを、あなたがたは知っていなさい。

4.現在、私にはどんな苦難や苦しみがありますか。私たちはその苦しみや苦難を耐え忍ぶために必要なものは何でしょうか。

—————-

2016年祈りシリーズ第2講 ミツパに集めなさい

投稿者: Tokai 掲載日: 2016-3-12 (186 回閲覧)
祈りシリーズ
ミツパに集めなさい
1サムエル7章
7:5それで、サムエルは言った。「イスラエル人をみな、ミツパに集めなさい。私はあなたがたのために主に祈りましょう。」

1.主の箱が戻って来た時、主に対するイスラエル人の態度はどのように変わったのでしょうか。(1、2)

2.その頃、サムエルはイスラエルの全家に何と言いましたか。イスラエル人は、どのようにしてサムエルの言葉に従いましたか。(3,4)

3.サムエルはミツパで何をしましたか。(5,6)

4.イスラエル人は、ペリシテ人との戦いに、どのようにして勝利しましたか。(7-14)

5.サムエルはイスラエルをどのようにさばきましたか。(15-17)

———–
2016年祈りシリーズ第3講 しつこく呼び求める祈り

投稿者: Tokai 掲載日: 2016-3-13 (298 回閲覧)
2016年祈りシリーズ第3講
しつこく呼び求める祈り
御言葉:ルカの福音書18:1ー14
要 節:ルカの福音書18:5

1.イエス様がこのたとえを話された目的は何ですか(1)。私たちの祈りの生活で、克服すべき二つの問題は何ですか。
18:1 いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らにたとえを話された。

2.ある町の一人の裁判官に義と助けを期待することはどれだけ難しいことでしたか(2)。しかしひとりのやもめはその裁判官に何を求めましたか(3)。
18:2 「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官がいた。
18:3 その町に、ひとりのやもめがいたが、彼のところにやって来ては、『私の相手をさばいて、私を守ってください』と言っていた。

3.裁判官はしばらくは取り合わないでいましたが、なぜそのやもめの訴えを聞き入れざるを得なくなったのでしょうか(4,5)。夜昼構わずうるさく叫ぶ、やもめのしつこさと切なる心について話してみましょう(5,7a)。祈る時の切なる姿勢について話してみましょう(ルカ22:44,エレミヤ29:12-13,箴言8:17)
18:4 彼は、しばらくは取り合わないでいたが、後には心ひそかに『私は神を恐れず人を人とも思わないが、
18:5 どうも、このやもめは、うるさくてしかたがないから、この女のために裁判をしてやることにしよう。でないと、ひっきりなしにやって来てうるさくてしかたがない』と言った。」
18:7 まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、…
ルカ22:44 イエスは、苦しみもだえて、いよいよ切に祈られた。汗が血のしずくのように地に落ちた。
箴言8:17 わたしを愛する者を、わたしは愛する。 / わたしを熱心に捜す者は、わたしを見つける。
エレミヤ29:12 あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに聞こう。
29:13 もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。

4.神様は不正な裁判官とはどのように違いますか(6,7)。神様は夜昼神を呼び求めている選民に対してどのようにされますか(8)。選民の望みは何ですか。そのためにクリスチャンはどんな姿勢で祈らなければなりませんか。イエス様はどんな信仰を望まれますか(8b)。
18:6 主は言われた。「不正な裁判官の言っていることを聞きなさい。
18:7 まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、いつまでもそのことを放っておかれることがあるでしょうか。
18:8 あなたがたに言いますが、神は、すみやかに彼らのために正しいさばきをしてくださいます。しかし、人の子が来たとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか。」

————
2016年祈りシリーズ第4講 そこで祈っておられたイエス様

投稿者: Tokai 掲載日: 2016-3-18 (192 回閲覧)
2016年祈りシリーズ第4講

そこで祈っておられたイエス様

御言葉;マルコの福音書1:21-39
要節;マルコの福音書1:35

I.御言葉の権威者イエス様(21-28)

場所はどこに移りましたか(21)。イエス様は安息日に何をされましたか。イエス様の教えは人々にどれだけ大きな感動を与えましたか(22)。律法学者の教えはどうでしたか。「権威」とは何ですか。

イエス様の御言葉は具体的にどんな人に働きましたか(23,24)。イエス様はその人をどのように助けてくださいましたか(25)。イエス様の御言葉の権威はどうでしたか(26)。ここで汚れた霊を支配するイエス様の御言葉の権威について考えてみましょう。

人々はイエス様について何を悟るようになりましたか(27)。この評判はどこに広まって行きましたか(28)。

II.使命人イエス様(29-39)

イエス様はどこに行かれましたか(29)。人々はどんなことでイエス様に助けを求めましたか(30)。イエス様はその問題をどのようにして解決してくださいましたか(31)。

日が沈んだとき、どんな人々がイエス様のところに集まって来ましたか(32,33)。イエス様はどのようにして彼らを癒してくださいましたか(34)。

イエス様は一日をどのように始められましたか(35)。イエス様はなぜ朝早く寂しい所を選んで祈られたのでしょうか。このような祈りの生活の重要性について考えてみましょう。

カペナウムの人々はイエス様にどんな期待をしましたか(36,37)。ところがイエス様はなぜ近くの別の村里に行こうと言われますか(38,39)。福音を広く伝えようとされるイエス様を考えてみましょう。

2016年 ルツ記 問題集

ルツ記第1講 ナオミとルツの美しい愛の関係

投稿者: Tokai 掲載日: 2016-2-10 (266 回閲覧)
ルツ記第1講
みことば:ルツ記1:1-22
要  節:ルツ記1:16
ナオミとルツの美しい愛の関係

1.なぜ、エリメレクの一家はモアブ地方に行きましたか(1,2)。
モアブはどんな地方ですか。
そこで彼の家族にどんな幸せと不幸がありましたか(3-5)。
2.ナオミは、なぜ、故郷に帰ろうとしましたか(6,7)。
ナオミは二人の嫁たちにどんな方向を与え、どのように祝福しましたか(8.9)。
その時、姑と嫁たちの間の心はどうだったでしょうか。

3.二人の嫁たちの最初の反応はどうですか(10)。
しかし、なぜ、ナオミは彼らが帰らなければならないと言いましたか(11-13)。
自分の置かれている立場と、嫁たちの立場を思い出すナオミの心はどうだったでしょうか。
結局、嫁たちはそれぞれどんな道を選びましたか(11-13)。

4.ナオミはルツに再び何を話しましたか(15)。
しかし、ルツはどんな決心をしましたか(16,17)。
ナオミの神様はどんな神様でしたか(13,20,21)。
それでも、なぜ、ツルはその神様を自分の神様にしようとしたでしょうか。
ルツがナオミについて行くとは、自分の将来がどのようになることを意味しますか。
それでも、ルツがナオミについて行くことになった原動力はなんでしょうか。
ルツの堅い決心に対し、ナオミの反応はどうですか(18)。

5.ふたりがベツレヘムに着いた時の町の人々の反応とナオミの苦しみについて話してみましょう(20,21)。
そのナオミにルツの存在はどんな意味があったでしょうか。
彼らがベツレヘムに着いた時期はいつですか(22)。

————–
2016年ルツ記第2講 買い戻しの権利のある者

投稿者: Tokai 掲載日: 2016-2-20 (238 回閲覧)
2016年ルツ記第2講

御言葉;ルツ記2,3章

要節;ルツ記3:13

買い戻しの権利のある者

1.ナオミの夫の親戚で、エリメレクの一族に属するどんな人がいましたか(2:1)?ルツはベツレヘムでどんな仕事をしようとしましたか(2)?彼女は誰の畑に行くようになりましたか(3)?落ち穂を拾い集めるルツから何を学ぶことができますか?

2.ボアズは誰に関心を持つようになりましたか(4,5)?ルツはどれほど熱心に働きましたか(6,7)?ボアズはルツをどのように助けましたか(8,9)?ボアズはルツのどんな点を大切にし、どんな祝福をしましたか(10-13)?

3.ボアズはルツにどのように気を配ってくれましたか(14-16)?ナオミはボアズがルツに気を配ってくれたことをどのように知るようになりましたか(17-19)?

それを通してナオミはボアズにどんな望みを持つようになりましたか(20)?ナオミはルツにどんな方向を与えましたか(21-23)?

4.ナオミはルツのため何をなさろうとしましたか(3:1)?ナオミはルツに何をするように指示しましたか(2-5)?

5.ルツはナオミからの指示についてどのように行動しましたか(6-8)?彼女の従順について考えてみましょう。

6.ボアズが朝起きたとき、ルツはボアズに何を要求しましたか(9)?ボアズはルツのどんな点を認めましたか(10,11)?そして何を約束しましたか(12,13)?ここで「買い戻し」とは何を意味しているでしょうか?

7.ボアズはどのようにルツの名誉を守ろうとしましたか(14)?ナオミはボアズについて何を信じましたか(16,18)?

—————–
2016年ルツ記第3講 あなたを元気づけ

投稿者: Tokai 掲載日: 2016-2-26 (198 回閲覧)
2016年ルツ記第3講
御言葉;ルツ記4:1-22
要節;ルツ記4:15

あなたを元気づけ

1.ボアズは具体的に何をしましたか(1-6)。買戻しの権利のある最初はどのようにしましたか。なのに、なぜ、買い戻しませんでしたか(5,6)。

2.その人は買戻しの権利の譲渡をどのように証明しましたか(7,8)。ボアズは、ナオミとルツをどのようにすること決断し、誰を証人としましたか(9,10)

3.門にいた人々と長老たちは、ボアズとルツをどのように祝福しましたか(11,12)。彼らの祝福の通りなら、ボアズとルツは歴史的にどんな立場になりますか。

4.ボアズとルツの間はどのようになりましたか(13a)。神様は彼らをどのように祝福されましたか(13b)。女たちはナオミになんと言いましたか(14)。子供の名前がどのようになることを願いましたか。

5.その子は、ナオミにどんな意味がありますか(15)。ルツはナオミにどれぐらい大事な存在でしたか。ナオミはその子をどのようにしましたか(16)。子供の名は、なぜ、オベテとなり、歴史的にどんな人ですか(17)。

6.ボアズの家計について話してみてください(18-22)。その中にどんな信仰の女性たちがいましたか。

—————–

特別講義 聖書とは何か

特別講義:聖書とは何か 
御言葉:テモテ?3:16,17
3:16 聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。3:17 それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。

1.聖書は人に何を得させますか。(15)?
3:15 また、幼いころから聖書に親しんで来たことを知っているからです。
聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです。

・自分たちは聖書のことをどう思っているのか?どういうイメージがするのか。
・聖書を何だと思っているのか。
・記憶に残る聖書の御言葉はあるのか。
・聖書に対する印象は、子供のときと、今ではどうかわっているのか。
・聖書が知恵を与えると思うのか。知恵とは何か。自分には知恵が必要だと思うのか。
・キリスト・イエスに対する信仰による救いという言葉の、自分なりのイメージを正直に話してみましょう。

2.すべての聖書は何によってつくられましたか。(16a)?
3:16 聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。

・今まで聖書は何によってつくられたと思っているのか。

3.このような聖書は何のために有益ですか。神様は聖書を通して、聖書を信じるものがどのような者になってほしいと思っておられるでしょうか。(16b-17)?

3:16 聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。
3:17 それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。

・教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益
・自分の人生と聖書が関わりを持ちたいと思うのか。
・親たちに言われたからではなく、自分の人生に必要なものとして、聖書を読むことを考えましょう。
→これがJBF聖書グループ勉強の意味。

4.中学生(青少年)になった私たちが聖書を学ぶことがどれほど大切なのかを話し合ってみましょう。

JBF聖書勉強 基礎 第2講 神様がなさることとは?

JBF聖書勉強 基礎 第2講:      神様がなさることとは? 
(そのイエス様を送ってくださった神様はどんな方なのか)

1.初めに、神様がなさったことは何でしょうか。創世記1:1
 神様はお造りになったすべてのものを見られ、どう思われました。創世記1:31
 神様がこの世のすべてのものを造られた、その目的は何でしょうか。詩19:1
創世記1:1 初めに、神が天と地を創造した。
創世記1:31神はお造りになったすべてのものを見られた。見よ。それは非常に良かった。夕があり、朝があった。第六日。
詩19:1 天は神の栄光を語り告げ、 / 大空は御手のわざを告げ知らせる。

2.神様はお造りになったすべてのものをどのように見守っておられますか。
マタイ6:26 空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。
マタイ6:28 なぜ着物のことで心配するのですか。野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。働きもせず、紡ぎもしません。
マタイ10:29 二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。しかし、そんな雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。
マタイ10:30 また、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。

3.神様がお造りになったすべてのものが現在はどのような状態になっていますか。ローマ8:22
 しかし、神様はその被造物全体にどのようなご計画を持っておられますか。ヨハネ黙示録21:5
8:22 私たちは、被造物全体が今に至るまで、ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています。
21:5 すると、御座に着いておられる方が言われた。「見よ。わたしは、すべてを新しくする。」また言われた。「書きしるせ。これらのことばは、信ずべきものであり、真実である。」

4.神様はこの世のすべてのものをどのようにして新しくしますか。
コリント人へ手紙第二 5:17 だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。