2014-2017年 イースターみことば

2014年イースター御言葉

投稿者: Tokai 掲載日: 2014-4-11 (529 回閲覧)
2014年イースター御言葉
よみがえられたからです。
御言葉:マタイ28:1-20
要 節:マタイ28:6
28:6 ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。

1.安息日が終わって、週の初めの日の明け方、誰がイエス様の墓を見に来ましたか。(1)
すると、何が起こりましたか。なぜ、起こりましたか。(2,3)
番兵たちはどうなりましたか。(4)

28:1 さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方、マグダラのマリヤと、ほかのマリヤが墓を見に来た。
28:2 すると、大きな地震が起こった。それは、主の使いが天から降りて来て、石をわきへころがして、その上にすわったからである。
28:3 その顔は、いなずまのように輝き、その衣は雪のように白かった。
28:4 番兵たちは、御使いを見て恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。

2.彼女たちがどうされたイエス様を探していますか。(5)
しかし、御使いは彼女たちにどんな驚くべきことを伝えましたか。(6)
イエス様のよみがえられたことが、私たちに与える意味は何でしょか。

28:5 すると、御使いは女たちに言った。「恐れてはいけません。あなたがたが十字架につけられたイエスを捜しているのを、私は知っています。
28:6 ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。

3.彼女たちが急いで行って、お弟子たちに知らせるべきメッセージとは何でしょか。(7)
彼女たちの心はどうでしたか。そして、彼女たちはどうしましたか。(8)
イエス様はそんな彼女たちに言われたことは何でしょうか。(9,10)

28:7 ですから急いで行って、お弟子たちにこのことを知らせなさい。イエスが死人の中からよみがえられたこと、そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれ、あなたがたは、そこで、お会いできるということです。では、これだけはお伝えしました。」
28:8 そこで、彼女たちは、恐ろしくはあったが大喜びで、急いで墓を離れ、弟子たちに知らせに走って行った。
28:9 すると、イエスが彼女たちに出会って、「おはよう」と言われた。彼女たちは近寄って御足を抱いてイエスを拝んだ。
28:10 すると、イエスは言われた。「恐れてはいけません。行って、わたしの兄弟たちに、ガリラヤに行くように言いなさい。そこでわたしに会えるのです。」

4.祭司長たちと民の長老たちは番兵たちに何を言わせましたか。(11-13)
その上、彼らは何をすると約束し、番兵たちに心配かけないようにすると言いましたか。(14)
その結果、どうなりましたか。(15)

28:11 女たちが行き着かないうちに、もう、数人の番兵が都に来て、起こった事を全部、祭司長たちに報告した。
28:12 そこで、祭司長たちは民の長老たちとともに集まって協議し、兵士たちに多額の金を与えて、
28:13 こう言った。「『夜、私たちが眠っている間に、弟子たちがやって来て、イエスを盗んで行った』と言うのだ。
28:14 もし、このことが総督の耳に入っても、私たちがうまく説得して、あなたがたには心配をかけないようにするから。」
28:15 そこで、彼らは金をもらって、指図されたとおりにした。それで、この話が広くユダヤ人の間に広まって今日に及んでいる。

5.よみがえられたイエス様にお会いした弟子たちはどんな反応をしましたか。(16,17)
天においても、地においても、いっさいの権威が与えられているイエス様、よみがえられたイエス様が、それゆえ、弟子たちに何を命じられ、何を約束されましたか。(18-20)

28:16 しかし、十一人の弟子たちは、ガリラヤに行って、イエスの指示された山に登った。
28:17 そして、イエスにお会いしたとき、彼らは礼拝した。しかし、ある者は疑った。
28:18 イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。
28:19 それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、
28:20 また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」

——————

2015年イースター 私は主にお目にかかりました

投稿者: Tokai 掲載日: 2015-4-3 (324 回閲覧)
2015年イースター
私は主にお目にかかりました
みことば:ヨハネの福音書20:1-31
要  節:ヨハネの福音書20:18

1.マリヤは、いつ墓に行き、そこで何を見ましたか(1)。彼女はイエス様がどのようになったと思っていましたか(2)。マリヤの話を聞いた弟子たちは何をしましたか(3,4)

2.ペテロは墓の中で何を見ましたか(5-7)。彼らは何を信じ、何を理解していませんでしたか(8-10)。

3.なぜ、マリヤは泣いていましたか(11-13)。マリヤは後ろを振り向いて誰を見ましたか(14)。イエス様は彼女に何を尋ねましたか(15a)。

4.いつ、マリヤはイエス様であることを分かりましたか(15b,16)。イエス様はマリヤにどんな使命を与えましたか(17)。マリヤが弟子たちに何を話しましたか(18)。「私は主にお目にかかりました」とは、何を意味しますか。

5.弟子たちはイエス様がよみがえられたことをどうやって信じるようになりましたか(19,20)。イエス様は弟子たちをどんな人として立てられ、何を与えられましたか(21,22)。イエス様が彼らを通して成し遂げたいことは何ですか(23)。

6.イエス様はトマスにどうやって信仰を植え付けましたか(24-27)トマスの告白は何ですか(28)。どのように信じる者が幸いですか(29)。著者がこの書を書いた目的は何ですか(30,31).

————–
2016年イースター 初穂としてよみがえられたキリスト

投稿者: Tokai 掲載日: 2016-3-19 (190 回閲覧)
2016年イースター

初穂としてよみがえられたキリスト

御言葉:コリント人への手紙第一15:1-23
要 節:コリント人への手紙第一15:20
15:20 しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。

1.パウロは今、兄弟たちに何を知らせようとしましたか(1,2)。彼が最も大切なこととして伝えた「福音」とは、どのようなものなのでしょうか(3-4)。よみがえられたキリストは、誰に現われましたか(4-8)。

2.パウロは、自分自身を指して、どんな者だと言っていますか(9)。そのような彼がなぜ、ほかのすべての使徒たちよりも多く働くことができたのでしょうか(10-11)。

3.コリント教会の人たちは、何について議論していましたか(12)。「もし、死者の復活がない」のなら、キリストはどのようになるのでしょうか(13,16)。そして、そのキリストを信じている私たちクリスチャンは、どんな者になるのでしょうか(14-19)。

4.しかし、今やキリストは、どのようなものとしてよみがえられましたか(20)。「初穂」が示してくれる意味は何でしょうか。「初穂」としてのキリストの復活を信じるとき、どのような希望が与えられるのでしょうか(21-23)
————-
2016年イースター 第2講 死者の復活を信じる人の生活

投稿者: Tokai 掲載日: 2016-3-19 (189 回閲覧)
2016年イースター 第2講

死者の復活を信じる人の生活

御言葉:コリント人への手紙第一15:38-58(15:24-58読む)
要 節:コリント人への手紙第一15:58

1.35-44節を読んでみましょう。死者はどのようにしてよみがえり、どのような体で来るのでしょうか。「天上のからだの栄光」と「地上のからだの栄光」はどのように違いますか。よみがえった後、私たちが持つようになる栄光ある姿について、考えてみましょう。
2.45-49節を読んでみましょう。「最初のアダム」と「最後のアダム」はどのように違うのでしょうか。アダムとキリストは、私たちとどのな関係があるのでしょうか。
3.50-53節を読んでみましょう。神の国を相続できない者はだれでしょうか。パウロが話す「奥義」とは何でしょうか。
4.54-56節を読んでみましょう。死者がよみがえるとき、どんな御言葉が実現しますか。「死」はどうなりますか。
5.57,58節を読んでみましょう。パウロはどんな神様に感謝していますか。ですから、死者の復活を信じる人々はどのように生きるべきでしょうか。

————
2017年イースター エマオに行く途中で出会ったイエス様

投稿者: Tokai 掲載日: 2017-4-7 (64 回閲覧)
2017年イースター

エマオに行く途中で出会ったイエス様

御言葉:ルカの福音書24:13-35
要 節:ルカの福音書24:32 そこでふたりは話し合った。「道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか。」

1.その日にエマオに行く二人の弟子は何を話し合っていましたか(13,14)。彼らは、なぜ一緒に歩いている方がイエス様だと知りませんでしたか(15,16)。彼らはなぜイエス様に失望しましたか(17-21)。彼らは女たちからよみがえりの知らせを聞いても、なぜ故郷に帰ったのでしょう(22-24)。

2.イエス様は彼らのどんな点をお咎めになりましたか(25)。聖書によれば、キリストの死とよみがえりはなぜおかしなことではありませんか(26,27)。彼の栄光とは何を指しますか(ヨハ17:5)。イエス様はなぜ苦しみを受けよみがえらなければなりませんでしたか(イザ53:4-6,詩16:8-11)。

3.彼らはなぜイエス様がパンを裂いた時イエス様だと分かりましたか(29-31)。道で、イエス様が聖書を説明されたとき、彼らの心の中でどんな御業が起こりましたか(32)。その後、彼らは何をしましたか(33-35)。ここで、復活信仰を持つために、主の御言葉を聞くことが、どれだけ大切なことであるのか、考えてみましょう。