2018年ヘブル人への手紙第2講 その死によって

2018年ヘブル人への手紙第2講
その死によって
御言葉:ヘブル人への手紙2:5−18
要 節:ヘブル人への手紙2:14b,15

1.イエス様は、本来どんな方でしょうか(5-8)。それなのに、なぜしばらくの間、御使いよりも、低くされたのでしょうか(9)。すべての人のために、死の苦しみを味わわれたイエス様について、考えてみましょう。

2.神様はどのようにして、イエス様を救いの創始者として、全うされたのですか(10)。これは、なぜふさわしいことなのでしょうか。

3.イエス様はなぜ、私たちを兄弟と呼ぶことを恥としないのでしょうか(11)。イエス様は、私たちをどれだけ尊く思われますか(12,13)。イエス様が私たちの兄弟になられたことには、どんな意味があるのでしょうか。

4.イエス様が、私たちを同じ血と肉とを持っている理由は、何でしょうか(14,15)。それは、誰を助けるためでしょうか(16)。

5.イエス様は、なぜすべての面で、兄弟たちと同じようにならなければならなかったのでしょうか(17)。イエス様は、なぜ試みられている者たちをおできになるのですか(18)。

2018年イースター問題 よみがえられたイエス様

2018年イースター問題

よみがえられたイエス様

御言葉:ルカの福音書24:1−12
要 節:ルカの福音書24:5b,6

1.1−3節を読んでみましょう。墓に着いた女たちは、なぜ途方にくれていたのでしょうか。

 

2.4-7節を読んでみましょう。まばゆいばかりの衣を着た二人の人が伝えた知らせは何ですか。彼女たちが思い出さないといけないものはなんですか。

2.8−12節を読んでみましょう。女たちは何を根拠にして、イエス様の復活を信じるようになりましたか。これを誰に知らせましたか。ところが使徒たちの反応はどうでしたか。

2018年 ヘブル人への手紙第1講

2018年 ヘブル人への手紙第1講
御子によって語られた神様
御言葉:ヘブル人への手紙1:1−2:4
要 節:ヘブル人への手紙1:2
1:2 この終わりの時には、御子によって、私たちに語られました。神は、御子を万物の相続者とし、また御子によって世界を造られました。
in these last days has spoken to us in His Son, whom He appointed heir of all things, through whom also He made the world.

1.神は、むかし父祖たちに、だれを通して語られましたか(1:1)。
この世の終わりの時には、だれによって私たちに語られましたか(2a)。
この御子はどんな方でしょうか(2b,3)。

2.御子が、御使いたちよりもまさる理由は何でしょうか(4-6)。
御使いは、どんな目的を持って、遣わされましたか(7,14)。

3.また、神は御子について、なんと言われましたか(8-13)。
私たちが自分の人生において頼るべき基盤となる方は誰でしょうか。

4.なぜ私たちは聞いたことを、ますますしっかり心に留めなければなりませんか(2:1)。
私たちが、こんなにすばらしい救いをないがしろにした場合、
何からのがれることができませんか。(2-3a)。
この救いは、どのようにして私たちに示されましたか(3b)。
そのうえ、どのようにしてあかしされましたか(4)。

2018年度ヨハネの手紙第三 第1講

真理のための共に労苦する同労者
御言葉:ヨハネの手紙第三 1:1-13
要 節:ヨハネの手紙第三 1:8
1:8 ですから、私たちはこのような人々をもてなすべきです。そうすれば、私たちは真理のために彼らの同労者となれるのです。

 

Ⅰ。真理に歩んでいる者(1-4)
1.誰が誰に書いた手紙ですか(1)
ヨハネはガイオがどうあるように祈っていますか(2)。その大切さについて考えてみましょう。

2.ヨハネはなぜ非常に喜んでいるのでしょうか。(3)ヨハネにとって大きな喜びとはなんでしょうか。(4)真理に歩んでいるとは、どのように行うことを言いますか。真理に歩んでいるとはどのようなことでしょうか。

Ⅱ。旅をしているあの兄弟たちをもてなす者(5-15)
1.ヨハネは具体的にガイオのどんな行いを喜び、ほめていますか(5)。
旅をしているあの兄弟たちとは誰のことでしょうか(5、6)。
私たちがこのような人々をもてなすべき理由は何でしょうか(7,8)
私たちにとって、旅をしている兄弟たちとは誰のことでしょうか。
私たちはその人たちにとって、どのような存在になるべきでしょうか(8)。

2.ガイオが反面教師にしなければならないデオテレペスの問題とは何でしょうか(9)。
彼の悪事はどのように続きましたか(10b)。
それで、ヨハネは彼をどうするつもりですか(10a)

3.ヨハネは愛する者に何を命じていますか(11)。善を行う者はどんな人で、悪を行う者はどんな人ですか。また、それぞれ神様とどのような関係にありますか(11)。
ヨハネはデメテリオを例に挙げて、神様との真実な関係にある者はどのように証言されると言っていますか(12)。ヨハネの最後の挨拶は何でしょうか(15)。

ヨハネの手紙第二 第1講 真理のうちを歩む者

ヨハネの手紙第二 第1講
真理のうちを歩む者
御言葉;ヨハネの手紙第二 1:1-13
要節;ヨハネの手紙第二 1:4

1.手紙を受け取るのは誰であり、使徒ヨハネとはどんな関係ですか(1)。彼らの関係は何に基づいていますか(2)。彼らのための願いことは何ですか(3)。
2.ヨハネが非常に喜んでいることは何ですか(4)。真理のうちに歩むとは、具体的に何を意味するでしょうか。
3.ヨハネがお願いしたいことは何ですか(5)。愛と命令は、どんな関係がありますか(6)。
4.どんな人が大ぜい世に出て行きましたか(7)。豊かな報いを受けるには、どうするべきですか(8,9)。行き過ぎをした人と教えのうちにとどまっている者の違いは何ですか(9)。
5.キリストの教えを持って来ない者をどのように扱うべきですか(10,11)。手紙を書くべきことがたくさんありますが、手紙を終わる理由は何ですか(12,13)。