2018年ヘブル人への手紙第6講 永遠の大祭司であるイエス様

2018年ヘブル人への手紙第6講
永遠の大祭司であるイエス様
御言葉:ヘブル人への手紙7:1−28
要 節:ヘブル人への手紙7:24,25

1.メルキゼデクはどんな人ですか(1-3,創14:18-20)。彼はどんな点でイエス様に似ていますか。
2.著者は、メルキゼデクがどれだけ偉大であるのか、を示していますか(4-8)。「レビの子さえ、アブラハムを通して、十分の一を納めている」とは、どんな意味でしょうか(9-10)。
3.「レビ系の祭司」と「新しい祭司」はどのように違いますか(11-19)。「誓いによって立てられた祭司」とは、誰を指しているのでしょうか(20-22)。
4.アロン系の祭司と比べて、キリストはどんな祭司なのでしょうか(23-25)。なぜキリストは、自分の罪や民の罪のために、いけにえをささげる必要がないのですか(26-28)。

2018年ヘブル人への手紙第5講 成熟を目指して進もう

2018年ヘブル人への手紙第5講
成熟を目指して進もう
御言葉:ヘブル人への手紙5:11−6:20
要 節:ヘブル人への手紙6:1,2

1.メルキゼデクについて、これ以上解き明かすことが困難な理由は、何でしょうか(5:11)。ヘブルの聖徒たちに期待される霊的なレベルと、年数がたっても成長せず、乳を必要するようになっている状態について話してみましょう(12)。霊的なレベルにおいて幼児と大人はどのように違いますか(13,14)。
2.私たちは、キリストについての初歩の教えをあとにして、何を目指して歩むべきでしょうか(6:1,2)。私たちはどのようにして成熟を目指して進むことができるのでしょうか(3)。
3.再び悔い改めに立ち返ることができない人は、どんな人でしょうか(4-6a)。その理由は何でしょうか(6b)。どんな人が神様の栄光にあずかりますか。また、どんな人が呪いを受けるようになるのですか(7,8)。
4.著者は、ヘブルへブルの聖徒たちについて、何を確信していますか(9)。神様は、彼らのどんなことを、お忘れにならないのでしょうか(10)。また、ヘブルの聖徒たちがどのように生きることを切に願っているのでしょうか(11,12)。
5.アブラハムが忍耐の末に、約束のものを得たことは、ヘブルの聖徒たちと私たちに何を教えてくれるのでしょうか(13-15)。なぜ神様は約束に対して、誓いをもって保証されたのでしょうか(16-18)。私たちの望みは、どれくらい素晴らしいものなのでしょうか(19,20)。

2018年ヘブル人への手紙第4講 偉大な大祭司である神の子イエス様

2018年ヘブル人への手紙第4講
偉大な大祭司である神の子イエス様
御言葉:ヘブル人への手紙4:14−5:10
要 節:ヘブル人への手紙4:14

1.私たちにおられるイエス様はどのようなお方ですか(4:14)。イエス様が私たちの弱さに同情できる理由は何でしょうか(15)。イエス様のあわれみと助けを受けるためには、どのようにすれば良いのですか(16)。

2.大祭司は誰のために、どんなことをしますか(5:1)。彼が民のためだけでなく、自分のためにも、罪のためのささげ物をする理由は何でしょうか(2,3)。

3.大祭司の名誉はどんな人に与えられますか(4)。キリストが大祭司として召された、という事実はどこに現れていますか(5,6)。(参照.詩2:7,110:4)。 

4.キリストは、人としてこの世におられたとき、どのようにして大祭司の務めを担われましたか(7)。キリストは御子であるのに、どのようにして完全な者とされましたか(8,9a)。

5.キリストは、どんな人に対して、とこしえの救いを与える者となりますか(9b)。キリストは、神様によって、何ととなえられたのでしょうか(10)。

2018年ヘブル人への手紙第3講 キリストにあずかる者となる

2018年ヘブル人への手紙第3講
キリストにあずかる者となる
御言葉:ヘブル人への手紙3:1−4:13
要 節:ヘブル人への手紙3:14

1.著者は、受信者たちを指して、何と呼んでいますか(3:1a)。私たちの告白するイエス様は、どんな方でしょうか(1b)。そのイエス様のことを考えることが、信仰生活において、どれだけ大切なのでしょうか。

2.2−6節には、モーセとイエス様が比較されています。モーセはどんな人でしたか。しかし、イエス様は、モーセよりも、どんな点がさらに優れているのでしょうか。また、私たちは、どのようにすれば、「神の家」となるのでしょうか(6b)。

3.この箇所の御言葉は、詩篇95:7-11節の引用です。イスラエルの先祖たちはなぜ、四十年もの間、荒野での生活を余儀なくされたのでしょうか(7-10,15-17)。彼らが安息の地に入れなかった理由は、何でしょうか(11,18-19)。

4.私たちは、何に気をつけなければなりませんか(12)。また、「きょう」することとして、何が勧められていますか(13)。私たちは、どのようにして、キリストにあずかる者となるのでしょうか(14)。

5.まだ、残っているものは何でしょうか(4:1,6,9)。「神の安息」とは、何でしょうか(4,7,8)。私たちは、いつ、どのようにすれば、神の安息に入ることができるのですか(1b,2-3,5-7)。イエス様が、どのようにして神の安息に入ったのかについて、話してみましょう。

6.ですから、私たちは、その安息に入るために、何をすべきでしょうか(11)。神様のことばには、どのような恐れるべきものがあるのでしょうか(12,13)。