2018年ヨハネの黙示録第6講 目をさましなさい

2018年ヨハネの黙示録第6講

目をさましなさい

御言葉:ヨハネの黙示録3:1―6
要 節:ヨハネの黙示録2a

1.1節を読んでみましょう。サルデス教会に書信を書き送ったイエス様はどんな方ですか。サルデス教会は霊的にはどんな状態にありましたか。私たちの全ての行ないを知っておられるイエス様について、話してみましょう。

2.2節を読んでみましょう。イエス様はサルデス教会に何を命じられましたか。神様の御前に全うされた行ないをするためには、どんな姿勢を持つべきでしょうか。

3.3節を読んでみましょう。続けてイエス様はサルデス教会に何を命じられましたか。なぜ私たちは目をさまさなければならないのでしょうか。

4.4―6節を読んでみましょう。サルデス教会にはどんな人々がいましたか。イエス様は、勝利を得る者に、何を約束されましたか。

2018年ヨハネの黙示録第5講 人の思いと心を探る者

2018年ヨハネの黙示録第5講
人の思いと心を探る者
御言葉:ヨハネの黙示録2:18-29
要 節:ヨハネの黙示録2:23

1.18節を読んでみましょう。テアテラ教会に手紙を書き送られるイエス様はどんな方ですか。このイエス様が、テアテラ教会にとってどんな意味をもっておられるのかについて、話してみましょう。
2.19節を読んでみましょう。この教会はどんな点で賞賛されていますか。主が賞賛されること、すなわちこの教会が持っているものについて考え、話してみましょう。
3.20-23節を読んでみましょう。主はどんなことでこの教会を非難されましたか。本文に記されている「イゼベル」の特徴は何ですか。イゼベルは教会においてどんな位置にありましたか。主は、イゼベルとこの女の教えを受け入れている者たちに対して、どのような警告をされましたか。またどんな悔い改めを促しておられますか。
4.24-29節を読んでみましょう。「この教えを受け入れておらず、彼らの言うサタンの深いところをまだ知っていない」人たちに、主は何を命じられましたか。勝利を得る者に与えられる主の約束は何ですか。

2018年ヨハネの黙示録第4講 鋭い、両刃の剣を持つ方

2018年ヨハネの黙示録第4講
鋭い、両刃の剣を持つ方
御言葉:ヨハネの黙示録2:12-17
要 節:ヨハネの黙示録2:16

1.この手紙のあて先はどこですか。この手紙を送る方はどんな方ですか(12)

2.ペルガモにある「サタンの王座」とは何を意味するのでしょうか。キリストは、まずペルガモ教会の聖徒たちのどのようなことをほめてくださいましたか(13)

3.しかし彼らにはどんな非難すべきことがありますか(14,15)
「バラムの教え」とは何でしょうか(参照.ユダの手紙1:11、ヨシュア13:22)。

4.16節を読んでみましょう。キリストは、彼らに何を命じておられますか。もしそうしないなら、キリストは何をすると言われますか。ペルガモ教会の聖徒たちが悔い改めないとどうなるでしょうか。

5.勝利を得る者には何が与えられますか。「隠れたマナ」、「白い石」、「新しい名」とはそれぞれ何を意味するのでしょうか(17)

2018年ヨハネの黙示録第3講 死に至るまで忠実でありなさい

2018年ヨハネの黙示録第3講
死に至るまで忠実でありなさい
御言葉:ヨハネの黙示録2:8-11
要 節:ヨハネの黙示録2:10b

1.8節を読んでみましょう。スミルナ教会に書信を書き送るように命じられるイエス様はどんな方ですか。「初めであり、終わりである方」、「死んで、また生きた方」について、それぞれ話してみましょう。

2.9節を読んでみましょう。イエス様は、スミルナ教会について、何を知っておられますか。しかし彼らの実態はどうでしたか。ここで、私たちが受けている苦しみが実際にはどんなものであるのかについて、話してみましょう。

3.10節を読んでみましょう。なぜスミルナ教会は受けようとしている苦しみを恐れてはならないのですか。彼らが受ける「十日の間の苦しみ」は何を意味しているのでしょうか。このような苦しみの時、スミルナ教会に求められる「死に至るまで忠実」と「いのちの冠」の関係について話してみましょう。

4.11節を読んでみましょう。激しい苦しみの中で勝利する者は何が保障されているのですか。