2018年クリスマス第2(0)講 その名を信じた人々に与えられた特権

2018年クリスマス第2講
その名を信じた人々に与えられた特権
御言葉:ヨハネの福音書1:1-14
要 節:ヨハネの福音書1:12 しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。

1.1-3節を読んでみましょう。「初め」に何がありましたか。その「ことば」は誰をさしているのでしょうか(14)。なぜ著者(ヨハネ)は、「キリスト」とは言わずに、「ことば」(ロゴス)と言ったのでしょうか。「この方」と神様との関係について、話してみましょう。

2.4,5節を読んでみましょう。この方には何がありましたか。この「いのち」が、なぜ人のいのちになるのでしょうか(3:16,8:12)。

3.6-8節を読んでみましょう。主がこの世に来られる前に、神様は誰をお遣わしになりましたか。

4.9-13節を読んでみましょう。なぜキリストが「まことの光」なのでしょうか。この方に対して、「世」と「ご自分の民」はそれぞれ、どのように反応しましたか。しかしこの方を受け入れた人々には、どのような特権が与えられるのでしょうか。恵とまことに満ちておられるイエス様について話してみましょう(14)。

2018年クリスマス第2講 救いの角・日の出であるイエス様

2018年クリスマス第2講(68)
救いの角・日の出であるイエス様
御言葉:ルカの福音書1:57-80
要 節:ルカ1:78-79

1.57-61節を読んでみましょう。エリサベツは男の子を産んだとき、近所の人々や親族は幼子の名をどのようにつけようとしましたか。しかし、母は何と答えましたか。それに対する人々の反応はどうでしょうか。

2.62-66節を読んでみましょう。彼らが父親に幼子の名前を尋ねたとき、ザカリヤはどんな名前をつけましたか。その結果、彼はどのようになりましたか。これらの出来事の一部始終を聞いた人々の反応はどうですか。

3.67-75節を読んでみましょう。聖霊に満たされたザカリヤはどんな預言をしましたか。われらを顧み、贖いを成すために立てられた救いの角について話してみましょう(68−71)。「われらの生涯のすべての日に、きよく、正しく、恐れなく、主の御前に仕えることを許される」恵みはどれほど大きいでしょうか(72−75)。

4.76-80節を読んでみましょう。幼子の役割は何ですか(76−77)。日の出がいと高き所からわれらを訪れて、どんな働きをしますか(79−80)。私たちをあわれまれ、日の出を与えてくださった主の恵みについて話してみましょう。

2018年クリスマス特集第1講 その名を「インマヌエル」と名づける

2018年クリスマス特集第1講
その名を「インマヌエル」と名づける
御言葉:イザヤ書7:1-14
要 節:7:14 それゆえ、主みずから、あなたがたに一つのしるしを与えられる。見よ。処女がみごもっている。そして男の子を産み、その名を『インマヌエル』と名づける。

 

1.ユダの王アハズの時に、どんな危機に陥りましたか(1)。「エフライムにアラムがとどまった。」とは、どういう意味でしょうか。その報告に、王の心と民の心はどうなりましたか(2)。

2.その時、主はイザヤに、アハズ王に何を言えと命じられましたか(3-9)。アラムとエフライムは、実にどうなりますか(5-9a)。もし、ユダが信じなければ、どうなるでしょうか(9b)。

3.主は再び、アハズに何を告げられましたか(10,11)。するとアハズ王は、何を言いましたか(12)。
そこで、イザヤは何を指摘しましたか(13)。イザヤが言う、「私の神までも煩わすのか」とはどういう意味でしょうか。

4.それゆえ、主みずから、彼らに何を与えられますか(14)。与えられた一つのしるしとは、私たちにとってどんな方でしょうか(タイ1:21-23)。
「インマヌエル」とはどういう意味でしょうか。今年、そのインマヌエルの神は、どのように私たち一人ひとりと共におられたでしょうか。証ししてみましょう。