2019年マルコの福音書第18講 だれでも人の先に立ちたいと思うなら

2019年マルコの福音書第18講
だれでも人の先に立ちたいと思うなら
御言葉;マルコの福音書9:30-50
要節;マルコの福音書9:35 イエスはおすわりになり、十二弟子を呼んで、言われた。「だれでも人の先に立ちたいと思うなら、みなのしんがりとなり、みなに仕える者となりなさい。」

1.イエス様はガリラヤを通って行った時、なぜ、人に知られたくないと思われましたか(30,31)。イエス様はご自分が殺されて、よみがえることを繰り返して教えたでしょうか。弟子たちの反応はどうですか(32)。

2.弟子たちが道で論じ合ったのは何ですか(33-34)。イエス様は、人の先に立ちたいと思うなら、どうするべきであると言われますか(35)。これは、弟子たちの考えと何が違いますか。イエス様の名のゆえに幼子のひとりを受け入れるとは、何をすることになりますか(36,37)。

3.ヨハネは、イエス様の名を唱えて悪霊を追い出した者を、なぜ、やめさせましたか(38)。イエス様の考えはヨハネとどのように違いますか(39,40)。イエス様はキリストの弟子だからというので、水一杯でも飲ませる人をどのように扱いますか(41)。

4.イエス様を信じる小さい者のひとりにでもつまずきを与えるのは、どれぐらい大きな問題になりますか(42)。手や足や目がつまずきとなるなら、どうするように言われますか(43-47)。ゲヘナはどんなに恐ろしいところであり、それを知っている弟子たちはどんな生き方をすべきですか(48-50)。

わたしのくびきを負って、わたしから学びなさい

2019年KeioBH keyverse.
わたしのくびきを負って、わたしから学びなさい
御言葉:マタイの福音書11:20-30 要節:11:29

【この御言葉の背景】
バプテスマのヨハネは獄中で、「おいでになるはずの方は、あなたですか。それとも、私たちは別の方を待つべきでしょうか。」と言い送った。彼の悩みが切実に現れている質問でした。そこで、イエス様は、「11:4あなたがたは行って、自分たちの聞いたり見たりしていることをヨハネに報告しなさい。11:5目の見えない者が見、足のなえた者が歩き、ツァラアトに冒された者がきよめられ、耳の聞こえない者が聞き、死人が生き返り、貧しい者たちに福音が宣べ伝えられている。11:6 だれでもわたしにつまずかない者は幸いです。」と答えられました。イエス様を知る者がどれほど幸せなのかをイエス様はこう言われました。「11:11 まことに、あなたがたに告げます。女から生まれた者の中で、バプテスマのヨハネよりすぐれた人は出ませんでした。しかも、天の御国の一番小さい者でも、彼より偉大です。」

そこで、イエス様を知った者がどのような生き方をすべきかを教えてくださるのが、20節から30節までの御言葉です。

1.イエス様が数々の力あるわざの行われた町々の問題は何でしょうか(20)
彼らが聞いたりみたりしたイエス様の数々の力あるわざとは何でしょうか(11:5)
しかし、彼らはなぜ悔い改めなかったと思いますか。話し合ってみましょう。
イエス様を知らなかったツロとシドン、ソドムよりも、イエス様を知ったコラジンとベツサイダ、カペナウムが
悔い改めなかったとき、どうなりますか(21-24)

2.イエス様を知って悔い改めない人がハデスに落とされるそのとき、イエス様は父なる神様をほめたたえた理由は何でしょうか(25)
賢い者や知恵のある者、幼子はそれぞれどのような者たちでしょうか。幼子の特徴について話し合ってみましょう(26)
どんな人だけが父なる神様を知る者となりますか(27)

3.父なる神様から主権を渡されたイエス様はどんな人を招いでくださいますか(28a)
人はなぜ疲れるでしょうか。罪を犯した人はどんな重荷を負って生きているのかを話し合ってみましょう。
イエス様はご自分のところに来る人に何を約束してくださいましたか(28b)

4.イエス様は疲れた人、重荷を負っている人を招くとき、ご自分はどんな方であると言われますか。それをなぜ強調されますか(29a)
くびきを負うとはどういうことでしょうか(29a)
イエス様のくびきを負って、イエス様から学ぶことはどのようにすることでしょうか(29a)
そうするとき、私たちはどうなりますか(29b)なぜ、そのようになりますか(30)

日本UBF 2019年新年の御言葉 第2講 【主】に祈りましょう

2019年新年の御言葉第2講
【主】に祈りましょう
御言葉:Ⅰサムエル7:2-17
要 節:Ⅰサムエル7:6それで、サムエルは言った。「イスラエル人をみな、ミツパに集めなさい。私はあなたがたのために【主】に祈りましょう。」

1. 【主】に対するイスラエルの全家の態度がどうなっていますか(2)。どのようにしてこんなに変わったでしょうか(4:1a, 6:19-20)。サムエルは彼らに何を求め、何を約束しましたか(3)。彼らはどのように反応しましたか(4)。あなたは今、主を慕い求めていますか。

2. サムエルはどのようにして彼らを国家的な次元の悔い改めに導くことができたでしょうか(5-6)。ここで、「【主】に祈りましょう。」と言ったサムエルのリーダーシップについて何を学ぶことができますか。あなたは主との関係を良くするために何をしていきますか。

3. ペリシテ人の領主たちはイスラエル人が集まったことに対してどのように反応しましたか(7a)。このように絶望的な状況でイスラエル人は何をしましたか(7b-8)。彼らがどのように変わりましたか(4:2-3) 。サムエルは何をしましたか(9)。【主】はどのように応答されましたか(10)。イスラエルの人々はどのようにして力を得ましたか(11)。サムエルの祈りと民の従いによって、奇跡的勝利がもたらされたことから何を学ぶことができますか。

4. 勝利の後、サムエルは彼らが今回の勝利を覚えるように何をし、何と言いましたか(12)。なぜ、彼らにこういう霊的な教訓を覚える必要があったでしょうか。「ここまで【主】が私たちを助けてくださった」という御言葉が私たちにとって国家的に、個人的に意味することは何でしょうか。サムエルのリーダーシップの効果は何ですか(13-14)。

5. サムエルはどのようにイスラエルに仕えていましたか(15、16)。サムエルがラマに一つの祭壇を築いたことには何の意味がありますか(17)。

2019年東海UBF要節 できる秘訣、信じることと祈り

2019年東海UBF要節
できる秘訣、信じることと祈り
御言葉:マルコ9:14-29
要 節:マルコ9 23 するとイエスは言われた。「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」
9:29すると、イエスは言われた。「この種のものは、祈りによらなければ、何によっても追い出せるものではありません。」

1.イエス様の一行が山から帰って来ると、どんな事が起こっていましたか(14)。弟子たちは律法学者たちとどんなことで論じ合っていましたか(15-18)。おしの霊につかれた息子を持つ父親の心と、期待していたのに弟子たちが霊を追い出せなかった時の心はどうだったでしょうか。イエス様はどんな点で嘆息されたでしょうか(19a)。私たちの不信仰はどれほどイエス様を嘆息させるでしょうか。イエス様は、「その子」をどのように助けようとされましたか(19b)。

2.その子をイエス様のところに連れて来た時、霊はどんな反応を示しましたか(20)。その子に起こった症状は、いつ頃から続いたことですか(21、22a)。父親の願いに示された問題は何ですか(22b)。イエス様は彼にどんな信仰を持つように、助けてくださいましたか(23)。私たちのうちにある限界的な考えは何であり、どんな信仰を持つべきだと思いますか。

3.イエス様の御言葉を聞いた父親の姿勢がどのように変わりましたか(24)。イエス様は、どのように子供から汚れた霊を追い出しましたか(25-27)。この出来事を見た弟子たちは、イエス様にどんな質問をしましたか(28)。イエス様は、何によらなければ、この種の汚れた霊を追い出すことができないと言われましたか(29,マタイ17:21)。なぜ、この種のものは、祈りによらなければ、何によっても追い出せるものではないでしょうか。
イエス様の言われた「できる」の秘訣として、私たちに求められる「信じることと祈り」について話してみましょう。