慶応BH2020年要節の御言葉 ことばは人の光

慶応BH 2020年要節の御言葉
ことばは人の光
ヨハネの福音書1:1-14
要節1:1 初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。

1.最初に、何がありましたか(1)
「ことば」は、誰とともにありましたか。この方とは誰を指しますか(2)
「ことば」と、神様とはどのような関係でしょうか(2)
「ことば」とは、どういうものだと思いますか。
この御言葉で学ぶ神様の考え、その心、その能力など、神様がどんな方であるか、みんなで話し合ってみましょう。

2.「ことば」とこの世の万物はどのような関係でしょうか(3)万物とは何でしょうか(コロサイ1:16)
3節の御言葉からみて、人はどんな存在ですか。その可能性と限界について、話してみましょう。

3.この方=「ことば」には何がありますか。このいのちは人の何となるでしょうか。(4)
人にはなぜ光が必要でしょうか。人がやみの中にいるとどうなるでしょうか(4b,9-11)

4.光がやみの中に輝くとき、やみはどうなるでしょうか(5)
光である「ことば」が人のやみの中に輝くとき、人はどうなるでしょうか(5,12-14)

2020年東海UBF年要節の御言葉 わたしを呼べ

2020年 東海UBF 年要節の御言葉
わたしを呼べ
御言葉:エレミヤ書33:1-11 要節:エレミヤ書33:3 わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。

1.エレミヤがどんな状態の時期に神様のみ言葉が臨まれましたか(1)。神様はどのように表現されましたか(2)

2.神様を呼ぶときどのようにしてくださると約束しますか(3)

3.エルサレムとユダに対する神様のみ言葉は何ですか(4,5)ユダがどのようにするべきだったでしょうか(参照エレミヤ27:8,11,12)神様はユダのどのように立てなおしますか(6-8)

4.神様が立て直すとどのようになりますか(9)。ユダとエルサレムはどのようにへんかしますか(10,11)

2020年新年特集第2講 信仰がますます強くなって

2020年新年特集第2講

信仰がますます強くなって

御言葉:ローマ人への手紙4:1−25
要 節:ローマ人への手紙4:20「彼は、不信仰によって神の約束を疑うようなことをせず、反対に、信仰がますます強くなって、神に栄光を帰し、」

1. アブラハムは、何によって、義と見なされましたか(1-3)。神様はどのような人の信仰を義と認められるのでしょうか(4、5)。ダビデは、どんな人が「幸いだ」と言っていますか(6-8、詩篇32:1,2)。
2. この「幸い」は、どのような人に与えられるのでしょうか(9a)。アブラハムが義と認められたのは、いつでしょうか(9b、10)。アブラハムが、義と認められるすべての父となった理由は、何でしょうか(11,12)。
3. アブラハムとその子孫に与えられる約束は、何によるものでしょうか(13)。信仰によって、世界の相続人になることは、どれだけ大切なことなのでしょうか(14-16)。
4. アブラハムは、どんな神様を信じましたか(17)。アブラハムはどのようにしてあらゆる国の人々の父となりましたか(18)。どのような信仰がアブラハムの義とみなされたのですか(19-22)。ここで、試練に直面しても信仰がますます強くなって、神様に栄光を帰したアブラハムの信仰について話してみましょう。
5.「彼の義がみなされた」と書いてあるのは、誰のためでしょうか(23、24a)。私たちは、どんな神様を信じているのでしょうか(24b)。イエス様は何のために死なれ、また、よみがえられたのでしょうか(25)。