2019年 創世記 第 16 講 イサクの結婚

2019年 創世記 第 16 講

御言葉 / 創世記 24:1-67

要節 / 創世記 24:7

イサクの結婚

1.アブラハムがイサクの妻を選ぶためにしもべを送りながらどんな誓いをしましたか(1-4)。この時、アブラハムのしもべの悩みが何であり、アブラハムはどのような方向を与えましたか(5-9)。ここに示されたアブラハムの結婚観と彼の信仰について話してみましょう。

2.ナホルの町に到着アブラハムのしもべはどんな祈りをしましたか(10-14)。リベカは、どんな女性ですか(15-20)。しもべがアブラハムの神を賛美した理由は何ですか(21-27)。

3.アブラハムのしもべはリベカの家でおもてなしを受けたとき、食べて、休む前に何をしましたか(28-33)。彼リベカに会った過程を詳細に説明する理由は何ですか(34-49)。ラバンとベトエルはなぜリベカの結婚を許すしかありませんでしたか(50-53)。

4.翌日アブラハムのしもべが家族の引き止めにもかかわらず、その主に戻って行こうとした理由は何ですか(54-56)。この時、リベカは、どんな決断をしましたか(57,58)。 「はい。まいります」と答えたリベカを通してなにを学ぶことができますか?

5.リベカの家族はリベカを送り、どんな祝福をしましたか(59-60)。 「幾千万にもふえる」は、どのような意味であり、「あなたの子孫は、敵の門を勝ち取る」という意味は何ですか?イサクはリベカを妻に迎えて、どれほど慰めを受けましたか(61-67)。