2020年コリント第一13講 あなたがたはキリストのからだであり、各器官です。

2020年コリント第一13講
あなたがたはキリストのからだであり、各器官です。
御言葉:Ⅰコリント12:1-31
要節 : 12:27あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。

1.当時のコリント教会には、またどんな問題がありましたか(1、20-22)
御霊によって語る者は、何を言うでしょうか(3)
御霊の賜物の特徴は何でしょうか(4-6)
いろいろな種類の御霊の賜物が持つ、一つの同じ目的は何でしょうか(7)
御霊の賜物のいろいろな種類にはどんなものがありますか(8-10)
使徒パウロは、いろいろな種類の賜物を与える御霊について、何を強調して言っていますか(4,11)

2.使徒パウロは、御霊の賜物のことが、ちょうど、何と同様であると言っていますか(12)
その理由は何でしょうか(13)
からだのそれぞれの器官のたとえを通して、使徒パウロは何を伝えていますか(14-17,18)

3.ところが、どんな問題が起きていますか(19-24a)
しかし、神様はどんな器官を尊ばれますか(24b)
それはなぜでしょうか。その目的はなんでしょうか。(25、26)

4.私たちひとりひとりはどんな存在ですか(27)
神は教会の中で人々をそれぞれ、どのように任命されましたか(28-30)
御霊のいろいろな賜物がそれぞれに与えられ、キリストのからだの各器官であり、また任命された私たちは、何を熱心に求めるべきですか(31)