2012年 収穫感謝祭 私の杯は、あふれています

2012年 収穫感謝祭 私の杯は、あふれています

投稿者: Tokai 掲載日: 2012-11-26 (591 回閲覧)
2012年 収穫感謝祭

私の杯は、あふれています

御言葉:詩篇23:1-6
要 節:詩篇23:5

1. 1節を読んで見ましょう。ダビデは、神様と自分との関係を、何にたとえていますか。神様を羊飼いにして生きる生活には、なぜ乏しいことがないのですか。神様は、あなたにとって、どんな点で羊飼いなのでしょうか。

2.2,3節を読んでみましょう。神様は私たちをどこに、どのように導かれますか。神様の導きの特徴について話してみましょう。神様に導かれることは、なぜ祝福なのでしょうか。

3.4節を読んでみましょう。私たちが死の陰の谷を歩くことがあっても、わざわいを恐れない理由は何でしょうか。私たちの慰めとなる主のむちと杖について話してみましょう。

4.5節を読んでみましょう。主が私たちの敵の前で私たちのために施される恵みはどれほど豊かなものなのでしょうか。どんな点であなたの杯はあふれているのでしょうか。

5.6節を読んで見ましょう。ダビデは自分の未来に対してどんな確信を持っていますか。また、彼はどのような決断をしましたか。

2011年-2012年 イザヤ書 問題集

1-15講義
———————–

2011年イザヤ書第1講
さあ、来たれ。論じ合おう
御言葉:イザヤ書1:1-1:31
要 節:イザヤ書1:18
1.イザヤ書は何に関する本ですか(1)。彼はどんな時代に生きましたか。ウジヤ、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤはどんな王でしたか
2.神様が天と地に向けて嘆き叫ばれるイスラエルの罪は何ですか(2-4)。その罪によって彼らの道徳はどのように腐敗しましたか。子どもように養育した自分の民がこのように罪深く堕落したことに対する神様の心情はどうでしたか。
3.イスラエルは多く打たれたにも関わらず何をしましたか(5a)。その結果、彼らは外的に、内的にどうなりましたか(5b-8)。しかしその地が完全に破滅しなかった理由は何ですか(9)。
4.神様は、その時代の礼拝がどんなものである、と咎めらますか(10-15)。神様は、なぜ彼らの多くのささげ物と祈りを受け入れませんでしたか。神様が本当に喜ばれるささげ物はどんな物ですか(16,17)。
5. 罪を犯し反逆した民たちに向けられた神様の招きの御言葉は何ですか(18)。もし彼らがこの神様の招きを喜んで聞き入れるなら、どんな祝福を得ますか (19)。しかし聞き従わなければどのようになりますか(20)。ここで、民たちの罪を洗い流そうとされる神様を考えてみましょう。
6.エルサレムの過去と現在とではどのように違いますか(21-23)。神様は、その堕落した民をどのように贖おうとされますか(24-27)。しかしそむく者はどのようになりますか(28-31)。

2011年イザヤ書第2講
さあ、主の山、ヤコブの神の家に上ろう。
御言葉;イザヤ書2:1-22
要節;イザヤ書2:3
1. イザヤがユダとエルサレムについて示された先見のことばは何ですか(1、2)?なぜ多くの民が主の山、ヤコブの神の家に登ろうとしますか(3)?主がシオンとエルサレムに置かれた御旨は何ですか?
2. 主が国々の間をさばき、多くの国々の民に、決断を下す時、彼らはどのようになりますか(4)?それを通して、本当の平和はどうように成し遂げられますか?
3. ヤコブの家はどこに歩まなければなりませんか(5)?主がヤコブの家を捨てられた理由は何であり、その国が偽りの神々拝んだ理由は何ですか(6-9)?
4. 主がそのご威光をどのように現し、高ぶる者たちをどのように低くされますか(10-17)?なぜ主はそのようになさいますか?
5. 偽りの神々の最後はどうなります(18-22)?それで私たちが本当にたよる対象は誰ですか?

イザヤ書 第6項
           新しいぶどう園の歌
御言葉:イザヤ26、27
要節:イザヤ27:6

1.神様はどんな人に平安を与えて下さいますか(26:1-3)。
なぜ、私達は神様を信頼すべきでしょうか(4)。
主は高慢な者と義人をそれぞれどのように扱いますか(5-7)。

2.イザヤは裁きの道で誰を待ち望み、どれぐらい慕い求めましたか(8,9)。
裁きの時、世界の住民は何を学び、悪者はどうでしたか(9b,10)。
民への神様の熱情はどうでしたか(11-15)。

3.苦難の時、彼らは何をしましたか(16)。
苦難の時、彼らは自分自身と神様に対して何を悟りましたか(17-21)。

4.その日、主は誰を裁かれますか(27:1)。
神様は自分のぶどう畑をどのように見守りますか(2-5)。
神様はどんな計画を持っていますか(6)。

5.神様は自分の民をどのぐらい追い立てられましたか(7-11)。
その目的は何ですか。
散らされた者どうなりますか(12,13)。
自分の民に対する神の愛について話してみましょう?

———————-
2011年 イザヤ書第7講
               ひとりの王の統治と聖霊の臨在
御言葉;イザヤ32章
要 節;イザヤ32;1

1.ひとりの王は何によって世界を治めますか(1)? その王は彼らにとってどんな存在になりますか(2)?

2.人々の中でどんな変化がありますか(3,4)? また、しれ者とならず者はどうなりますか(5-7)? しかし、高貴な人はいつも何をしますか(8)?

3.主はのんきな女たちと、うぬぼれている女たちへの警告の御言葉は何ですか(9-12)? 宮殿と都はどうなりますか(13,14)?

4.神様は彼らに何を注がれますか(15a)? それによってどんな事が起こりますか(15b)? 聖霊が私たちに注がれると、どんな変化があるか考えてみましょう。

5.その時 民はどんな恵みを受けますか(15b-20)? ひとりの王の統治によって受ける祝福について話してみましょう。

———————–
2011年イザヤ書 題8講                                 
                私がこの町を救おう
御言葉:イザヤ36、37
要 節;イザヤ37;35

1.アッシリヤはいつ、どんな方法でユダを侵略しましたか(1-3)? ラブ・シャケはエジプトと神様に対して何と話しましたか(4-7)?また、ユダの状態を嘲弄し、侵略を正当化しましたか(8-10)? 彼がこのように話す目的は何ですか?

2.ラブ・シャケはユダ指導者の依頼をどのように黙殺しましたか(11-13)? 彼はヒゼキヤ王と神様に対して、どのような疑いを植え付けましか(14-20)? しかし民は誰の言葉に従いましたか(21,22)?

3.ラブ・シャケの言葉を聞き、ヒゼキヤ王はどこに行き、何をしますか(37;1-4)? 神様はどんな約束の御言葉を与えましたか(5-7)? アッシリヤ王は最高までどのようにヒゼキヤを脅かしましたか(10-13)? ヒゼキヤ王はどんな神様を信じ、何の為に祈りしましたか(14-20)?

4.アッシリヤの王セナケリブは神様をどのように妨害しましたか(21-27)? 神様は彼の高慢をどのように審判すると言われますか(28,29)?また、王にどんなしるしを見せますか(30-32)?

5.神様はどのように完璧にエルサレムを救われますか(33,34)?なぜ、このように保護しますか(35)? 神様はアッシリヤの陣営をどのように打ち、ナケリブ王の最後はどうですか(36-38)? この事件を通して何を学びますか?

———
2011年イザヤ書題9講
               ヒゼキヤの救いと失敗

御言葉;イザヤ38,39                                                   
要 節;イザヤ38;5

1.ヒゼキヤが病気になった時、イザヤはヒゼキヤの未来についてどんな預言をしますか(38:1)? 死の危機の前、ヒゼキヤはどんな祈りをしますか(2,3)?

2.神様はヒゼキヤの祈りをどのように聞いて下さいますか(4-6)? また、どんなしるしを見せますか(7,8)?

3.ヒゼキヤは死の苦痛についてどう話していますか(9-16)? なぜ神様は彼に大きな苦痛を与えますか(17)? 命を得た彼の感謝はどうですか(18-22)?

4.ヒゼキヤはバビロンの使者に何を見せますか(39;1,2)?なぜこのような行動をしたでしょうか?

5.イザヤはヒゼキヤにどんな審判を伝えますたが(3-7)?ヒゼキヤの反応はどうですか(8)?

—————-
2011年イザヤ書題10項
               主を待ち望む者
御言葉;イザヤ40:1-31
要 節;イザヤ40;31

1.神様はどんな慰めのメッセージを語りかけていますか(1,2)? 神様は彼らに何を準備するようにしますか(3,4)? その時、何が現され、誰がこれを見るようになりますか(5)?

2.すべての人とその栄光は何に比べらますか(6)? 彼らはどんなに弱い存在ですか(7)?しかし神様の言葉はどうですか(8)? これを叫ぶ理由は何ですか?

3.シオンに御言葉を伝える者は高い山に登って何をしますか(9)? 神様はどんな方で彼らに何しますか(10,11)?

4.神様はどんなに大きい方ですか(12-17)? なぜ世の偶像と権力と神様を比較出来ませんか(18-26)? 

5.イスラエルは捕慮生活中で神様にどんな不満をしますか(27)? しかし神様はどんな方ですか(28,29)? この神様を待ち望む者にはどんな祝福が臨まれますか(30,31)?

————

2012年イザヤ書題11講
               見よ。わたしは新しい事をする
御言葉;イザヤ43:1-28
要 節;イザヤ43:19

1.現在、イスラエルの心境はどうですか(1)。神様は彼らをどのように助けてくださいますか(1b,2)。

2.神様はイスラエルを具体的にどのように回復して下さいますか(3)。神様がイスラエルを聖なる者とされる理由はなんですか(1,4)。

3.神様はイスラエルをどのように集められますか(5,6)。なぜ、そのようになさいますか(7)。イスラエルに向けられた神様の御旨は何ですか(8-10)。なぜ、これらすべてが可能ですか(13)。

4.神様はイスラエルをバビロンからどのように救われますか(14)。神様は昔のどんなことを思い起こさせていますか(15-17)。神様はどんな新しい事をしますか(18-21)。新しい事をする神様について考えてみましょう。

5.過去、イスラエルの罪は何ですか(22-24)。なぜ、神様は彼らの罪を赦し下さいますか(25)。罪が赦された彼らが覚えるべきことは何ですか(26-28)。

————————-
2012年イザヤ書題12講
               諸国の民の光とし
御言葉;イザヤ49章
要 節;イザヤ49:6

1.神様はいつからそのしもべを召され、呼ばれましたがましたか(1)。神様は彼らをどのような者としてつくられますか(2)。その目的は何ですか(3)。

2.なぜ、彼はむだな骨折りをしたと言いますか(4a)。しかし、彼の正しい訴え、報酬は誰とともにありますか(4b,5)。神様はそのしもべにどんな望みを置かれましたか(6)。神様はそのしもべをどのように助けられ、どんな者とされますか(7,8)。神様の恵みの時に、彼を通してなさる御業はなんですか(9-12)。イザヤは何を賛美していますか(13)。

3.シオンは、神様についてどのような誤解をしていましたか(14)。しかし、神様はシオンをどれぐらい愛しておられますか(15-18)。神様はシオンをどのように回復し、敵をどのように裁かれますか(19-26)。

—————–
2012年イザヤ書題13講
               しもべの苦難と栄光
御言葉;イザヤ52:13-53:12
要 節;イザヤ53:5

1.神様のしもべの前と後の姿はどのように違いますか(52:13-15)。

2.彼はどんな姿で育ち、彼の見た目はどうでしたか(53:1-2)。人々は彼をどのように扱いましたか(3)。

3.人々は彼の苦難を見ながら何と話しましたか(4)。まことに、彼は何のために苦しめられましたか(4a,5)。神様は私たちの咎をどのようにしましたか(6)。

4.彼はどのような姿勢で苦しみを受けましたか(7)。なぜ、何の罪もない彼が、悪者のように死ななければならなかったのですか(8,9)。

5.彼は自分の犠牲によって、神様に対し、自分について、多くの人に対し、どんなことをなしましたか(10-12)。罪人として扱われながら、罪人のためとりなしたしもべを通して何を学ぶことができますか。

——————
2012年イザヤ書題14講
               あなたの天幕の場所を広げ
御言葉;イザヤ54章
要 節;イザヤ54:2

1.バビロン捕虜生活のイスラエルはどんな人のようですか(1)。神様は彼らが何をするように勧めますか(2,3)。なぜ、そのようにしなければなりませんか。

2.イスラエルは、どんな恥と苦しみを受けましたか(4-6)。神様は彼らにどんな恵みを与えられますか(7-10)。神様はイスラエルに対し、どんな方になりますか。

3.神様はイスラエルとその子供たちをどのように慰められますか(11-14)。ここに現れている神様の愛について考えてみましょう。

4.神様は自分の民を攻め寄せる者からどのように守って下しますか(15-17a)。そのようになさる理由は何ですか(17b)。

——————
2012年イザヤ書題15講
               渇いている者はみな出て来い
御言葉;イザヤ55:1-13
要 節;イザヤ55:1

1.神様はどんな人を招いていますか(1)。彼らは何のためにお金を払い、苦しましたか(2a)。彼らはどうすれば、食べ物を食べ、元気づけることができますか(2b)。

2.神様は耳を傾ける人にどんな約束をなさいますか(3-4,サムエル記第二7:13)。イスラエルが御言葉に従って生きると、神様は諸国の間でイスラエルをどのようにしますか(5)。

3.いつイスラエルは神様を求めるべきですか(6)。神様に来るものがす出るべきモノはなんですか(7a)。そうすれば、どんな恵みが与えられますか(7b)。

4.なぜ、人々は自分の考えを捨て、神様に戻らなければなりませんか(8,9)。人間の思いと神様の思いは何が違うでしょうか。神様の口から出る言葉は、どうなりますか(10,11)。

5.神様に戻る人の祝福は何ですか(12)。どんな新しいことが起こりますか(13)。このようなことが神様と私達にどんな意味がありますか。

———————-
2012年イザヤ書題16講
               起きよ。光を放て
御言葉;イザヤ60
要 節;イザヤ60:1

1.神様はイスラエルに対し、何を命令していますか(1a)。彼らはどうやって光を放つことができますか(1b-3)。

2.国々が財宝を持って、イスララエルのもとに来る姿はどうですか(4-9)。このような光景を見たイスラエルの心はどうすか(5a)。国々がイスラエルに集まってくる理由はなんですか(7b,9b)。

3.神様はシオンをどれぐらい尊くしますか(10-16)。シオンを攻めた国々の姿勢はどのように変わりますか。

4.神様は何によってシオンを尊くしますか(17,18)。なぜ、太陽と月が要らなくなりますか(19,20)。神様はその民を通して、どのように神様の栄光を現すようにしますか(21,22)。

——————-
2012年イザヤ書題17講
               神様と結婚したシオン
御言葉;イザヤ61,62章
要 節;イザヤ62:4

1.神様はご自分の民のため、誰を送り、彼に何を注ぎますか(61:1a)。この御言葉はどのように成し遂げられましたか(ルカ4:16-21)。また、彼を通して成し遂げる恵みの御業はなんですか(1b-3)。

2.シオンはどのように回復され、その時、異邦人とイスラエルはそれぞれ何をしますか(4-6)。神様の民は、なぜそれほど喜び歌うようになりますか(7-11)。

3.預言者は何のため黙らず、黙りこまないですか(62:1,2)。イオンは神様にとってどんな存在になりますか(3-5)。ここで、神様とその民の美しい関係について話してみましょう。

4.シオンの見張り人が担う使命はなんですか(6,7)。シオンに対する神様の誓いはなんですか(8,9)。

5.シオンは戻ってくる民たちのためその道をどのように備えますか(10,11)。シオンは人々から何と言われるようになりますか(12,出19:6)。

————–
2012年イザヤ書題18講
               イザヤの賛美と祈り
御言葉;イザヤ63:7-64:12
要 節;イザヤ64:8

1.神様がイスラエルの家に報いて下さった哀れみと恵みは何ですか(7-9)。しかし、神様が彼らの敵となった理由は何ですか(10)。

2.彼らはどんな神様を覚えていますか(11-14)。神様の恵みを覚え、賛美することはなぜ大事な事ですか。

3.イザヤは神様をどんな方として告白していますか(15,16)。イザヤの切なる祈り課題は何ですか(17-19)。

4.イザヤは、神様が敵に対し何をするよう祈っていますか(64:1-4)。その民の霊的な状態はどうですか(5,6)。なぜ、彼らは神様にすがることができませんか(7)。

5.しかし、神様とイスラエルの関係はどうですか(8)。今、イザヤは何のために祈りますか(9-12)。

———————
2012年イザヤ書題19講
               新しい天と新しい地
御言葉;イザヤ65:17-66:24
要 節;イザヤ65:17

1.神様はどんな新しいことをなさいますか(65:17a)。先の事はどうなりますか(17b)。新しい天と新しい地は何を指しますか(黙21:1-6)。新しい天と新しい地での祝福は何ですか(18-25)。

2.神様はどんな人に目を留め、どんな人に恥を与えますか(66:1-6)。シオンは陣痛を起こすと同時に子らを産んだとは何を意味しますか(7-9)。

3.エルサレムとともに喜ぶ者はどんな祝福を受け、偶像に仕える者はどんな裁きを受けますか(10-17)。

4.時になると、神様はご自分の栄光をどのように諸国に現しますか(18,19)。これによって、異邦人の中でどんな新しいことが起こりますか(20,21)。この約束がどのように成就しているか考えてみましょう(1ペテロ2:9、黙1:6)。

5.新しい天と新しい地が到来する際、神様の祝福と裁きは何ですか(22-24)。新しい天と新しい地を創造し、諸国を救い、すべてを回復される神様について考えてみましょう。

2011年エペソ人への手紙 問題集

1 霊的な祝福
2 その大きな愛のゆえに
3 キリストこそ私たちの平和である
4 神様の恵みによる務め
5 御霊の一致を熱心に保ちなさい
6 光の子どもらしく歩みなさい
7 キリスト者の家庭倫理
8 神のすべての武具を身に着けなさい

2011年1月~3月までの御言葉です。

2011年エペソ人への手紙第1講

霊的な祝福

御言葉:エペソ人への手紙1:1-23             
要 節:エペソ人への手紙1:3
暗唱の御言葉:3:6、17:19

1.霊的な祝福(1-14)
1.この手紙は誰が誰に送った手紙ですか(1)。彼は何のために祈っていますか(2)。当時、パウロの置かれた状況はどうだったのでしょうか(3:1,13,4:1,6:20)。
2.使徒パウロは誰がほめたたえられることを願っていますか(3)。神様が私たちにくださった霊的な祝福は何ですか(4,7,11)。
3.神様はいつ私たちを選ばれましたか。その目的は何ですか。それがどのようにして具体的に成し遂げられたのでしょうか(5)。それはどんな点で私たちにとって恵みの栄光になるのでしょうか(6)。
4.私たちはどのようにして罪の赦しを受けるようになりましたか(7)。神様がこの恵みとともに私たちにくださったものは何ですか(8)。あらゆる知恵と思慮深さをもって私たちに知らせてくださった「みこころの奥義」とは何ですか(9,10)。この世に存在する分裂と葛藤、そしてそれによる悲劇について考え、そのことについて話して見ましょう。
5.ユダヤ人たちはどのようにして御国を受け継ぐ者になりましたか(11,12)。また異邦人たちはどのようにして同一の祝福を受けるようになりましたか(13,14)。「御国を受け継ぐ者になった」とはどういう意味なのでしょうか。また誰がそれを保証してくださるのですか。

2.教会の満たし(15-23)
1.エペソの聖徒たちに対するパウロの心はどうでしたか(15,16)。また彼らのための祈りの課題は何ですか(17-19)。このように祈るパウロはエペソの聖徒たちがどのような人になることを願っているのですか。救いの恵みを受けた人が絶えず励むべきことは何でしょうか。
2.神様の全能の力がキリストにあってどのように働きますか(20-22)。神様はキリストをどのような方としてお立てになったのですか(22b)。教会のありかたについて考えてみましょう。教会は何によって満ち溢れているのでしょうか。

2011年エペソ人への手紙第2講

その大きな愛のゆえに

御言葉:エペソ人への手紙2:1-10
要 節:エペソ人への手紙2:4,5

1. エペソ教会の異邦人の信者たちがイエス様を信じる前の状態はどうでしたか(1,2)。しかし今はどのようになりましたか(1)。
2. かつては使徒パウロを含むユダヤ人の状態はどうでしたか(2,3)。どうして、彼らも私たちも生まれながら御怒りを受けるべき子らでしたか。しかし、今はどのようになりましたか(4,5)。
3. 私たちが救われたのは何によるものなのですか。
4. 神様が次になさったことは何ですか(6)。その目的は何ですか(7)。「このすぐれて豊かな御恵み」について話してみましょう。
5. 異邦人はどのようにして救われるようになりましたか(8,9)。どうしてだれも誇ることができないのでしょうか。
6. 神様が私たちを恵みによって救われたことと、良い行いのために私たちを造られたことには、どんな関係があるのですか(10)。
7.私たちがキリスト・イエスにあって新しく造られた目的は何ですか。神様はどれほど私たちが良い行いをすることを願っておられるのですか。

2011年エペソ人への手紙第3講

キリストこそ私たちの平和である

御言葉:エペソ人への手紙2:11-22                 
要 節:エペソ人への手紙2:14,15

1. 本来エペソの聖徒たちはどんな人たちでしたか(11,12)。以前は肉においてはどんな人であり、霊的にはどんな人でしたか。彼らはどんな点で異邦人であり、除外された人たちなのでしょうか。そのように除外された彼らの生活はどうだったのでしょうか。しかしどのようにして彼らは「近い者とされた」のでしょうか(13)。
2. キリスト・イエスはユダヤ人と異邦人との間に何をされましたか(14,15a)。その目的は何ですか(15b)。キリストが造り上げようとされる人はどのような人なのでしょうか。
3.「一つのからだ」となったユダヤ人と異邦人は、神様とはどんな関係になるのですか(16a)。互いに憎みあっていた二人の敵意はどのようにして消滅するようになったのですか(16b)。キリストが来られて、遠くにいた人や近くにいた人に何を宣べられましたか。その目的は何ですか(17,18)。
4.このような理由から、異邦人たちはもはやどのような特権を得るようになりましたか(19)。また使徒たちや預言者たちとはどのような関係を持つようになりましたか(20)。
5.聖徒たちの間ではどんな関係があるのですか(21,22)。ここで「組み合わされた」という言葉にはどんな意味があるのか考えてみましょう。私たちのからだの器官と、(キリストの)からだの一部であると認識することについて、話してみましょう。
6.神様が成し遂げられた和解の御業について考えてみましょう。また教会の共同体について話し合ってみましょう。

2011年エペソ人への手紙第4講

神様の恵みによる務め

御言葉:エペソ人への手紙3:1?21               
要 節:エペソ人への手紙3:6

?. キリストの奥義(1‐13)
1.パウロは誰のために囚人となりましたか(1)。パウロは「神様の恵みによる(自分の)務め」をどのようにして知らせたのですか(2-4)。この奥義を異邦人たちに伝えるためにどれほど苦労したのでしょうか。
2.前の時代には知らされていなかったキリストの奥義が、どのようにしてパウロと使徒たちに啓示されるようになりましたか(5)。その奥義とは何であり、その意味は何ですか(6)。それはどれだけ大きな特権なのですか。
3.神様がパウロを福音に仕える者とされた目的は何ですか(7-9)。そして今、教会を通して成し遂げようとされることは何ですか(10,11)。これを考えてみると、福音に仕える者とされたことはどんなに大きな恵みなのでしょうか。
4.私たちはキリストを信じる信仰によって何を受けるのですか(12)。ですから、パウロはエペソの聖徒たちに何をお願いしましたか(13)。

?.キリストの愛(14‐21)
1. 使徒パウロはだれの前に祈りますか(14,15)。彼がひざをかがめて神様の前に祈ることは何ですか(16-19)。
2. 私たちの内なる人はどのようにして強くなるのですか(16)。なぜ私たちの内なる人が強くならなければなりませんか(17a)。
3. 私たちは何に根ざし、何に基礎を置かなければなりませんか(17b)。そうする時、聖徒たちの愛はどれほどまでに成長しますか(18,19a)。また、どこまで満たされますか(19b)。今、自分の人生の基礎と根はどこにあるのかを話してみましょう。
4. パウロはどんな神様を賛美していますか(20,21)。この神様が私たちにくださる望みは何ですか。

2011年エペソ人への手紙第5講

御霊の一致を熱心に保ちなさい

御言葉:エペソ人への手紙4:1-32                  
要 節:エペソ人への手紙4:3

I. 御霊にあって一つになる(1-16)
1.主の囚人であるパウロはエペソの聖徒たちにどんな生活をするように勧めていますか(1,2)。彼らが励むべきことは何ですか(3)。なぜキリストの教会は御霊の一致を熱心に保たなければならないのですか(4-6)。
2.私たちはひとりひとり、何の量りに従って恵みを与えられたのですか(7)。このためにキリストが経験された謙遜と栄光は何ですか(8-10)。キリストの賜物の量りに従って任務をお与えになった目的は何ですか(11,12)。
3.聖徒たちはどれほどまでに成長するようになるのですか(13-15)。その教会のかしらは誰であり、彼と教会とはどんな関係にあるのですか(16)。

?.キリストにあって新しい生活(17-32)
1.異邦人の特徴は何ですか(17-19)。しかしキリスト人たちはどんな生活をするように教えられましたか(20-24)。聖徒たちはどのようにして古い人を脱ぎ捨て、新しい人を着るようになったのですか。
2.ですから、聖徒たちは何を捨て、何を語るべきなのですか(25)。また怒る時は何に注意するべきなのですか(26,27)。
3.盗みの代わりに何をするべきなのですか(28)。言葉を話す生活はどうでしょうか(29,30)。クリスチャンが積極的に捨てるべきことは何ですか。また行なうべきことは何でしょうか(31,32)。

2011年エペソ人への手紙第6講

光の子どもらしく歩みなさい

御言葉:エペソ人への手紙5:1‐21                              
要 節:エペソ人への手紙5:8

1. 私たちは神様に愛されている子どもとして誰にならうべきですか(1)。キリストが私たちにどんな愛を見せてくださいましたか(2)。ですから、私たちはどのようにすべきなのですか。
2. 聖徒たちにとって口にすることさえいけないことは何ですか(3)。どんな話を避け、どんな話をするべきですか(4)。御国を相続することができない人はどういう人ですか(5)。私たちはどうしてむなしいことばにだまされてはいけないのですか(6,7)。
3. 私たちの過去と現在はどのように違いますか(8a)。ですから、私たちはどのように歩むべきですか。光の結ぶ実の特徴は何ですか(9)。私たちはどうして光の実を結ぶために励むべきなのでしょうか(10)。
4. 実を結ばない暗やみのわざに対してはどのようにするべきなのですか(11,12)。それを明るみに引き出す時、どんな御業が起こるのですか(13,14)。
5. 聖徒たちがよくよく注意すべきことは何ですか(15)。なぜ私たちは機会を十分に生かして用いなければなりませんか(16)。ですから、私たちは何をよく悟るべきですか(17)。
6. 聖徒たちは酒に酔うことより何に満たされるべきなのですか(18)。そして聖徒たちは何に力を入れるべきなのですか(19,20)。 また、互いにどんな姿勢を持つべきですか(21)。

2011年エペソ人への手紙 第7講

キリスト者の家庭倫理

御言葉:エペソ人への手紙5:22-6:9
要 節:エペソ人への手紙5:33

1.妻は自分の夫にたいしてどうするべきですか(22)。なぜそのようにしなければならないのですか(23,24)。「夫は妻のかしらである」とは何を意味しているのですか。
2.夫は自分の妻をどれくらい愛するべきですか(25)。キリストはどのように教会を愛されましたか。なぜこのように愛されたのですか(26,27)。なぜ夫も自分の妻をキリストが教会を愛されたように愛するべきなのでしょうか。(28-30)。
3.結婚の奥義は何ですか(31)。パウロは、夫と妻の関係を考えながら、キリストと教会との関係について何を悟ったのですか(32,33)。
4.なぜ子どもが両親に従うことは正しいことなのでしょうか(6:1,2)。「主にあって従う」とはどのようにすることなのでしょうか。主にあって従う子どもたちに与えられる祝福は何ですか(3)。
5.父たちは子どもたちをどのように育てなければなりませんか(4)。子どもをおこらせるとどうなるのでしょうか。
6.奴隷たちは地上の主人に対してどんな姿勢で従うべきなのですか(5-7)。その理由は何ですか(8)。主人たちはなぜ奴隷たちに対しておどすことをしてはいけないのでしょうか(9)。

2011年エペソ人への手紙 第8講
神のすべての武具を身に着けなさい
御言葉:エペソ人への手紙6:10-24
要節:エペソ人への手紙6:11

1.パウロは最後に何を勧めますか(10,11)。なぜ、私たちは神様のすべての武具を身に着けなければなりませんか(12,13)。ここで、信者の戦いはどんな戦いであることが分かりますか。

2.神様のすべての武具を身に着けるために、武装しなければならい項目は何ですか(14-17)。霊的な戦いにおいてこれらの武装は、それぞれどんな役割をしますか。

3.これらの武器がそれぞれの機能を発揮するためには何が必要ですか(18)。霊的な戦いにおける祈りの重要性について話してみましょう。

4.パウロが聖徒たちに頼んでいる祈り課題は何ですか(19,20)。なぜ、テキコを彼らのところに送っていますか(21,22)。パウロは、エペソ聖徒たちをどのように祝福していますか(23,24)。